落語の未来がここに! 一之輔と白酒の『芝浜』を聴け

同じ『芝浜』は一つとしてない。
志ん生、文楽ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らがどのように演目を演じてきたのかを分析。落語の魅力と本質に迫る新刊『噺は生きている 名作落語進化論』(広瀬和生著)。
本書の刊行を記念し、cakesでは「第一章 芝浜」を特別公開します。
第10回は、当代の人気落語家、春風亭一之輔と桃月庵白酒の『芝浜』について。

面白くて爽やかな『芝浜』

志ん朝の『芝浜』は直弟子の古今亭志ん輔が継承しているほか、春風亭一朝も「志ん朝の型」で演っている。

2012年に21人抜きの抜擢で真打に昇進した春風亭一之輔は、一朝の弟子。彼も師匠ゆずりの『芝浜』を演じている。

人情噺があまり好きではないという一之輔が『芝浜』をネタ下ろししたのは、2013年の 暮れ。「『芝浜』は市井にあったちょっといい話くらいでちょうどいい」という一之輔には、芝の浜の描写がない志ん朝の型がよく似合う。

「あっさり演りたいので、ほとんど師匠に教わったとおりです」と一之輔自身は言うが、随所に一之輔独自の台詞回しのセンスが活き、メリハリも効いていて、ほかの誰とも違う「面白くて爽やかな『芝浜』」だ。

志ん朝の『芝浜』の名場面、「今朝、俺は起きて」「湯へ行ったんだろ」と女房に言いくるめられるところで一之輔は「そうだよ、俺は起きて湯へ行ったよ、友達連れてきて飲んで寝たんだよ、で、今起きたんだよ……いつ(芝の浜に)行ったんだよ!」と自分で自分を追いつめてしまう。これがいかにも一之輔らしい。

『鼠穴』『富久』『文七元結』といった演目でも、年々「一之輔独自の台詞回し」が増えて作品に深みが増していることを考えると、10年先、20年先の一之輔の『芝浜』が楽しみだ。

爆笑を誘う『芝浜』

桃月庵白酒の『芝浜』も「志ん朝の型」。

師匠の五街道雲助が志ん生の孫弟子だから古今亭の型なのは当然とも言えるが(もっとも雲助の『芝浜』は古今亭の型ではなく、三木助系をベースにしている)、一之輔以上に「人情噺は嫌い、『芝浜』なんて演りたくない」と公言していた白酒だけに、枠組みは志ん朝ゆずりでも、中身はまったく違う。

白酒の『芝浜』は「押しが強い女房の尻に敷かれる亭主」の物語。

あっさりしているだけでなく、頻繁に笑いが起こる。『幾代餅』や『井戸の茶碗』でも笑わせる白酒らしいが、さすがに『芝浜』で頻繁に笑わせる演出は衝撃的だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演目の進化から落語の〈本質〉に迫る、画期的落語評論!

この連載について

初回を読む
噺(はなし)は生きている 名作落語進化論

広瀬和生

同じ『芝浜』は一つとしてない。 志ん生、文楽ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らがどのように演目を演じてきたのかを分析。落語の魅力と本質に迫る落語評論本、『噺は生きている 名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rakugo_meisaku #yahooニュースアプリ 1年以上前 replyretweetfavorite

shike 面白い!→ #Yahooニュースアプリ #落語 1年以上前 replyretweetfavorite

jhanagata いやー、ほんとに違うんだなー。 もっと勉強しなきゃー。 1年以上前 replyretweetfavorite

rakugo_meisaku 人気落語家、一之輔と白酒の『芝浜』を聴け! | #落語 1年以上前 replyretweetfavorite