19歳の広瀬すずは「私は今も昔もずっと普通の女の子なので」と言った。

広瀬すずさん当年19歳は、「この3年間は幸せでしたか?」と問われてなんと答えたと思いますか。
〈犯人は捕まった。真実は逃げつづけた。〉、そんなコピーのついた是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』(9/9公開)。殺された被害者の娘という難しい役どころを演じた広瀬さんに、同じく是枝監督の『海街diary』からの3年間について、話を聞きました。
この道20年のベテラン女性誌ライター・作家の芳麗さんが贈る、“ありふれた女”たちのための幸福論です。

 こんにちは、芳麗です。
 本連載は、私が敬愛する女性をお招きして、さまざまなお話を聞く不定期連載です。第二回のゲストは、女優の広瀬すずさん。お目にかかるのは、これが初めてです。

 広瀬すずさんは、愛らしい姿も声も表情も魅力的だけど、何といっても素晴らしいのが「体の動き」です。
 躍動している広瀬さんの肉体には吸引力がある。『海街diary』でサッカーをしているシーン、『ちはやふる』の競技カルタのシーン、『怒り』で追手から逃げる場面……etc.
 それは、身体能力の高さのみならず、1人の10代の女の子の切実な命の輝きが、スクリーンに映っているからではないかと感じるのです。
 心身ともに揺れながらも大きく変化していく10代後半の広瀬さんを作品の中で観られるのは、幸福なことだなと。

 最新作『三度目の殺人』の彼女は、また、これまでとはまったく異なる顔をしていて、物語の深みへと誘ってくれました。


©2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ

 一方、気になるのは、1人の10代の女の子でもある“広瀬すず”は、今、幸せなのかということ。5年前、14歳の時にこの世界に入って、あっという間に人気女優に。特に、16歳から現在までの3年間は、濃密で多忙な日々だったことは傍目に見ても明らかです。
 10代後半の多感で悩み多き季節であろう3年間を、広瀬さんは、どんな風に過ごしてきたのか。今の彼女が映し出されている、最新作『三度目の殺人』の話とともに、「少女時代」と「幸せ」について語ってもらいました。

 取材当日も彼女は、分刻みのスケジュール。周囲にはせわしない空気と緊張感が流れていたものの、相対してみれば、彼女の半径1Mだけは、まるで木漏れ陽が射す大樹の下にいるように、ゆったりと朗らかな空気が流れていて、自然と朗らかな会話に引きこまれていきました。

「突然ですが、この3年間は幸せでしたか?」

芳麗 はじめまして。日々、お忙しいでしょうに、表情や雰囲気がゆったりしているというか、落ち着いてますよね。

広瀬すず(以下、広瀬) ホントですか? あまり顔に出ないんですかね(笑)。静岡の田舎に生まれ育ったからか、地元の空気とかリズムみたいなものが、変わらず自分の中にあるのかもしれません。

芳麗 お茶畑が広がっている地域ですね。土地も人もおおらかで温かくて、好きです。

広瀬すず(以下、広瀬) ありがとうございます。

芳麗 今日は映画『三度目の殺人』のことはもちろん、広瀬さんの今までの人生など大きなことも聞かせてください。

広瀬 よろしくお願いします!

芳麗 突然ですが、この3年間の広瀬さんは幸せですか?

広瀬 えっ、幸せ? この3年ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ありふれた女の幸福論

芳麗

cakesでも「雑誌が切り取る私たち。」でお馴染み、この道20年のベテラン女性誌ライターであり作家の芳麗さんが贈る“ありふれた女”たちのための幸福論です。芳麗さんが敬愛する女性を招いて、幸せとは、あるいは不幸せとはなにかを探していきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

telescope108 https://t.co/1dHzbqvSvB 2年弱前 replyretweetfavorite

SLGjpn [あとで読む] 2年弱前 replyretweetfavorite

nishiaratter 良いインタビューだなぁ。→ 2年弱前 replyretweetfavorite

kabosu324 はるかちゃんの話も少しあり! |ありふれた女の幸福論|芳麗|cakes(ケイクス) #綾瀬はるか https://t.co/94YhTylELU 2年弱前 replyretweetfavorite