スープを流し込んでも。
ー歯止めがきかなくなったぼくー

【第18回】 もはや、「ぼく」を止められる人はいない。女子を知りたい気持ちが高じて、女子観察の次に始めた行為とは? 性交にはもう意味がない、という心境に至るまでの誰も想像しえない演劇作家の日常・・・。

最近、料理をしている。去年、ふとした拍子に楽しくなったのだ。それまでひとつもしたことがなかった。ごはんも炊いたことがなかったし、野菜を剝いたり、切ったりもしたことがなかった。それがいきなり、楽しくなったのだ。なんでだろう、なんでかわからないけれど。熱中すると止まらなくなるタイプだから、最近はずっと包丁を握っている気がする。

特にスープをつくるのが楽しいから、指先は常に玉ねぎの香り。オニオンスープを毎日。稽古場でもガスコンロを持ち込んで。毎日、こつこつ。玉ねぎを飴色になるまで、弱火で2時間以上。炒める。役者さんたちがウォーミングアップしている最中に、炒めている。ぼくの周りの役者さんたちは匂いに敏感だから、嫌な顔をする。そんな顔もいい。嫌味を言われる。嫌味もぜんぶ、なにもかも鍋のなかにぶち込んで。炒めて、煮込む。おまけに花粉の季節だから、なおさらだ。

その鼻水の原因は? 涙の理由は? 玉ねぎかい? 花粉かい?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

又吉直樹さんも絶賛!!

おんなのこはもりのなか

藤田貴大
マガジンハウス
2017-04-13

この連載について

初回を読む
おんなのこはもりのなか

藤田貴大

演劇界のみならず、さまざまなカルチャーシーンで注目を集める演劇作家・藤田貴大が、“おんなのこ”を追いかけて、悶々とする20代までの日常をお蔵出し!「これ、(書いて)大丈夫なんですか?」という女子がいる一方で、「透きとおった変態性と切な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

RcenterL #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite