YOUたちは光GENJIのメンバーの1人にも及ばない」

28年間のSMAPの活動とその思いを、数々の言動から振り返り、幼少期から三十代に至るまでのファンの女性の28年の歴史と共に纏めあげ、「アイドルとは、ファンとは何か」を問い直すアイドルとファンのノンフィクション書籍『SMAPと、とあるファンの物語』。本書を公開する連載、8回目。デビューシングルが「前代未聞」なほど売れず、続く2枚目もさらに売れず。そう、時代は「アイドル冬の時代」と呼ばれていた――。

 たのきんトリオ(田原俊彦・野村義男・近藤真彦)のブレイクでジャニーズアイドルへの支持が盤石になって以降、1985年の少年隊、1987年の光GENJI、1988年の男闘呼組はいずれもデビュー曲でオリコン初登場1位を獲得している。

 1990年にデビューした忍者は集計が2種(「陽炎SINGLE」「水雲SINGLE」)に分かれた関係で最高3位の記録となったが、合算すると売上は同週の1位を上回っていた。

 しかし1種売りのSMAPは、事情を勘案せずとも売上枚数から完璧に負けていた。

 相手は1か月以上前に発売されたCHAGE&ASKAの『SAY YES』。

「大々的に宣伝して、雨の西武園で握手会をして頑張ったのに、蓋を開けたら1番を取れてなかった」

 この草彅の言葉が全てである。

 そして続く地方キャンペーンでも、ついに彼らに奇跡は訪れなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SMAPの28年間の活動と、とあるファンの女性の28年間。決して交わることはなかった。でも、支えられていた。そんな両者の紆余曲折の歩みから見えてくる、アイドルの“意味”。アイドル文化が生み落とした新世代の書き手によるSMAPとそのファンのノンフィクション。

この連載について

初回を読む
SMAPとそのファンの物語—あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど

乗田綾子

転校を繰り返し、不登校にもなってしまった。思い焦がれた上京は、失敗した。願ったとおりの現実を生きるのは、難しい。だけど――。小学校低学年から30歳に至るまで、とある女性の人生にずっと寄り添っていたのは、親でも彼氏でもなくアイドルだった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

drifter_2181 【 #森くんと21年ぶりの共演 記念】アイドル冬の時代に生まれて 「 YOUたちは光GENJIのメンバーの1人にも及ばない」 3年弱前 replyretweetfavorite

a_tocci そしてあまりにも売れないグループの現状に頭を悩ませたジャニー喜多川は、思い切ってフジテレビにこんな相談をする。 「SMAPを平成のクレイジー・キャッツにしたいので、笑いを教えてほしい」 https://t.co/vZILSqGOXu 約3年前 replyretweetfavorite

a_tocci グループづくりの辛酸をたくさん味わっているんだ。これ以上続けていくのは無理かもしれないと思ったのがSMAPだ」 https://t.co/vZILSqGOXu 約3年前 replyretweetfavorite