心のベストテン

ヒップホップ警察」が燃えた件について

前回の記事「ヒップホップ警察を追い返せ!」が賛否両論を巻き起こしました。今回は、「心のベストテン」の趣旨を踏まえつつ、なにが火元だったのか、お二人が率直に話し合いました。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

柴 那典(以下、柴) 今回はこの話から行きましょう。「ヒップホップ警察が燃えた件」について。

大谷ノブ彦(以下、大谷) いやあ、燃えましたねー。

柴 改めて説明すると、前回までの「心のベストテン」でぼくのりりっくのぼうよみさんをゲストに4回にわたっていろんな話をしたんですが、その中で「ヒップホップ警察を追い返せ!」という回がありまして。

大谷 ジャズや落語、ヒップホップなど歴史のある文化を語るときに、「お前が◯◯を語るな」って叱られることがあるって話でした。

 これが賛否両論の反響を巻き起こした。マキタスポーツさん、つるの剛士さんから同意のツイートがあった一方、いろんな方面から批判もあった。浅はかなこと言ってたら突っ込まれるのは当然だろうという声も多かった。大谷さん、こたえました?

大谷 こたえましたねえ。過呼吸になりましたもん。

 大谷さん、ここのところちょっとおつかれの様子でしたね。

大谷 ねえ。この歳になってもいろいろあるのよね。さておき、僕らはいろんなジャンルの間口を広げたいという気持ちがあってこの連載をやってたんですけれど、一部の音楽ファンの人たちに嫌な思いをさせちゃったと思うと本当に申し訳なかったな、と。

柴 僕もいろいろ考えたんです。まず前回「サイレン鳴らしてやってくる警察を追い返せ!」というのが心のベストテンの裏テーマかもしれないって言ったのは、やっぱりこの連載では「いっちょ噛み」を肯定したいんですよね。

大谷 そう! そうなんですよね。誰もが最初は「いっちょ噛み」なわけで。

 ですね。誰だってみんな最初は初心者でミーハーに楽しんでいい。「よく知らないけど楽しい」みたいにして好きになっていく。

大谷 ライトな楽しみ方を否定するとどんどんジャンルの間口が狭くなっちゃう。それはイヤですもん。

 でも、やっぱり「いっちょ噛み」って嫌われますよね。大谷さんが嫌われ芸人として名を馳せてるのもそのせいじゃないかと思うんですけど(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri XXXテンタシオンにリルピープか。ものすごく乱暴に要約すれば、若い世代のラッパーやアイドルがかつてのグランジやパンクの役割を担っている、と。俺もそうなんじゃないかと思うことがある。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kei_sandrol ヒップホップ警察、好きだけど知識が無い人を肯定したから燃えた訳じゃなくて、好きかどうかわからないし上から目線でポジションのために「いっちょ噛み」してるように見えるから燃えたのではないかなぁ。 https://t.co/mKUiU3BMW3 3ヶ月前 replyretweetfavorite

Sound_Argument ダイノジの大谷があーだこーだ言われてるのって、間違った知識を偉そうにひけらかすからやろ。 同郷やけど、色々な話聞いてたら段々嫌いになってきたな。 https://t.co/WaBjXfDY8E 3ヶ月前 replyretweetfavorite

RHYBOW @hrwt666 https://t.co/8H5OldLul9 3ヶ月前 replyretweetfavorite