CDデビューから数日後、6人は事務所から呼び出された。

28年間のSMAPの活動とその思いを、数々の言動から振り返り、幼少期から三十代に至るまでのファンの女性の28年の歴史と共に纏めあげ、「アイドルとは、ファンとは何か」を問い直すアイドルとファンのノンフィクション書籍『SMAPと、とあるファンの物語』。本書を先行公開する連載、7回目。香取骨折で迎えた初の単独コンサート、大雨の中でのCDデビューイベント。困難を乗り越え迎えた、オリコンチャートの結果は―。

第二章 1990~1993 不確かな中での確かさ


 平成になり1年半が経過した1990年10月、SMAP6人は、翌年の単独コンサートのためにスタジオで連日レッスンを受けていた。

 中でもグループの大きな目標は、「全員がバク転バク宙をできるようになること」。歴代ジャニーズはみんなバク転ができるのに、SMAPはいまだに、6人中3人もバク転ができないのだ。

 さすがにこのままじゃダメだということで、当事者の中居・稲垣・香取はなんとかできるようになろうと、時間を見てはメンバーに補助を頼んでバク転の猛練習を行っていた。

 その日は香取が、木村と草彅に補助を頼んだ。いつものように二人は香取の背中を支える。

 しかし草彅はこの時「ちょっと感じたことのないような不安」を感じたのだという。

 次の瞬間、香取の着地と同時に聞いたことのない音がスタジオ中に響き渡る。

「足が……何か……アレ? みたいな」(草彅)

 着地に失敗した香取は右足首を複雑骨折、そのまま即入院。全治2か月だった。

 香取が入院生活を送っている頃、中居はインタビューでこんなことを話している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SMAPの28年間の活動と、とあるファンの女性の28年間。決して交わることはなかった。でも、支えられていた。そんな両者の紆余曲折の歩みから見えてくる、アイドルの“意味”。アイドル文化が生み落とした新世代の書き手によるSMAPとそのファンのノンフィクション。

この連載について

初回を読む
SMAPとそのファンの物語—あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど

小娘(乗田綾子)

転校を繰り返し、不登校にもなってしまった。思い焦がれた上京は、失敗した。願ったとおりの現実を生きるのは、難しい。だけど――。小学校低学年から30歳に至るまで、とある女性の人生にずっと寄り添っていたのは、親でも彼氏でもなくアイドルだった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yasuko__o 色々な媒体で発信させたものを上手くまとめてて、既知だけど整理できるhttps://t.co/Xlmd0WD2QA 16日前 replyretweetfavorite

tii_iakan ひたすら一生懸命。6人が愛おしい。 【第7回】 16日前 replyretweetfavorite

crescentmania https://t.co/d2jitsKQ4C 16日前 replyretweetfavorite

drifter_2181 「初の単独コンサート、大雨の中でのCDデビューイベント。困難を乗り越え迎えた、オリコンチャートの結果は―」--小娘(乗田綾子)| 16日前 replyretweetfavorite