​ネガティブはうつる

今回の「ワイングラスのむこう側」は「悪口」の話から始まります。悪口が大好きな人っていますよね。そういったネガティブな感情ばかり言っていると、周りもネガティブな人たちが集まってしまうそうです。そんな時、どうすればいいのでしょうか?

人の悪口を言う人はその人に告げ口する

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

今でもずっと後悔していることがあります。ある方が、共通の知人のAさんのことを面白おかしく、でも実は悪口を言い始めたんですね。僕はバーテンダーという職業をしているので、どうしても会話がイエスマンになってしまうんです。例えば、「あのレストラン、味が落ちたねえ」って言われると、「そんなことないですよ」とは言わずに、「そうなんですね」って感じで話を合わせてしまうんです。

その時もついつい悪口にのっかってしまって、一緒になってある人を揶揄するようなことを言ってしまったんです。そしたらその方、どういうわけかその人のところに行って、「bar bossaの林がこんな悪口を言ってた」って告げ口したんです。

その方はすごく怒って、bar bossaに抗議の電話をかけてきました。その方のことを僕は決して嫌いではなく、むしろうまくやっていたのに、その方の周りのたくさんの人たちから、「bar bossaの林はひどい奴だ」と思われることになりました。

萩原魚雷の『閑な読書人』という本を読んでいたら興味深いことが書いてありました。松井秀喜って、一度も人前で悪口を言ったことがないそうなんです。中学2年のとき、父と「人の悪口を言わない」と約束し、それを守り続けているそうです。ちょっと驚きじゃないですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

picnic_j ネガティブはうつる|林伸次 @bar_bossa | 1年以上前 replyretweetfavorite

motoji_etoile 「僕はバーテンダーという職業をしているので、どうしても会話がイエスマンになってしまうんです、、、その時もついつい悪口にのっかってしまって、一緒になってある人を揶揄するようなことを言ってしまった」。 >​林伸次 1年以上前 replyretweetfavorite

Shige_Onz そうだわね。まったくそうだわね。 ネガティブはうつる|林伸次 @bar_bossa | 1年以上前 replyretweetfavorite

Shige_Onz ネガティブはうつる|林伸次 @bar_bossa | 1年以上前 replyretweetfavorite