弁護士・裁判官・検察官

第13回】裁判員になる日に備えて絶対に知っておきたい 司法の基本Q&A

国民が理解しやすい裁判の実現を目的に、裁判官と国民から選ばれた裁判員がそれぞれの知識経験を生かして一緒に判断する制度です。裁判は民事事件、刑事事件などに分かれていますが、限られた刑事事件の1審(地裁)のみ対象です。

 司法制度改革の目玉の一つ、裁判員裁判(2009年~)って何なの?

 国民が理解しやすい裁判の実現を目的に、裁判官と国民から選ばれた裁判員がそれぞれの知識経験を生かして一緒に判断する制度です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
弁護士・裁判官・検察官

週刊ダイヤモンド

弁護士、裁判官、検察官──。文系最難関の司法試験に合格した、選ばれしエリートたちだ。今回、特集班は彼ら法曹関係者113人に総力取材し、重厚な法曹界の扉を開け放った。その扉の向こうには、それぞれ固有の事情から没落の憂き目に遭う三者の姿が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません