旅に出ても大丈夫! ぬか床で最強の食卓デビューしませんか?

ぬか漬けというと、毎日かき混ぜなきゃ、と思いますが、実は全然大丈夫。ちゃんと、先人が対処法を考えてくれていました。ぬか床は、暑い季節にこそ、活性化して美味くなる。まだまだ間にあいます! ぬか漬けデビューしませんか? そしてついに、稲垣えみ子の書き下ろし新刊、9月7日発売です。「もうレシピ本はいらない 人生を変える最強の食卓」

ぬか床さまにおすがりして暮らす

 みなさまこんにちは。東京はようやくの太陽のお出ましでやっと梅干しを干せると思ったら、どんぴしゃりのタイミングで長期出張! 貴重な機会を逸したのはやはり日頃の行いが悪いせいでしょうか……。

 さて本日は、ぬか漬けの話題です。

 冷蔵庫を持っていない私にとって、ぬか床は文字どおりの「生命線」です。
 というのも、冷蔵庫がなければ原則としてその日に食べるものはその日に買えばいいんだが、一人暮らしなので全部は食べきれないことも少なくない。

 で、その場合の保存方法は……

 ○干すか
 ○漬けるか

 の二つしかありません。

 とはいえ、この2つというのがなかなかに完成された組み合わせなのでした。

 というのも、野菜も魚も基本的に干せば保存できるのですが、唯一の弱点が「湿気があるとカビる」ということ。
 なので今年の東京の夏は本当にキツかった!
 特に8月! まさかの連日のジトジト雨続き。それゆえ干すという手段はしばし封印するしかなかったのです。我が家定番の「干し野菜味噌汁」の具も、連日市販の「干しワカメと麩」ばっかりに……。まあワカメも麩も好きなのでいいんだけどね……。

 というわけで、「余った野菜はベランダのザルへ」といういつものコースはしばし途絶えることに。
 ですが……なーに、それでも全然困ることなんかなかったのでありました。
 「余った野菜はぬか床へ」。それで全然オッケーなんですから。

 何しろ夏はぬか漬けの季節。温度が高いのですぐに浸かるし、キュウリやナスなどの夏野菜はぬか漬けにピッタリです!
 というわけで、今年の夏はやたらとぬか漬けを食べまくることになり、おかげで「快腸」この上なし。例年は猛暑になると胃腸の働きが鈍ってくるのですが、今年はそれもほとんどなく。ぬか漬けの素晴らしさを改めて実感しております。

 とはいえですね、「ぬか漬けやってます」というと、ほとんどの方が「えらいねー」とおっしゃいます。まして、冷蔵庫がないのにそんなことできるのか、大丈夫なのかと驚かれることが多い。つまりは「ぬか漬けは面倒」「私にはとてもムリ」と思っている人が実にたくさんおられるのです。
 うんうん。わかりますよ。ぬか床は「すぐダメになってしまう」イメージが強いんですよね。私もずっとそう思ってました。

 でもね、大丈夫なんです!

ぬか床は冷蔵庫がない時代の発明

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rosebourbon 長期不在の時はやっぱり一度野菜は全部取り出すというのが鉄則なのだな。どちらにしても私にはやっぱりハードル高いかも…orz 2年弱前 replyretweetfavorite