愛より増田明美が地球を救う

徹底した取材による「詳しすぎる解説」が話題のマラソン解説者・増田明美。今年の4月からは、なんとNHK「連続テレビ小説」のナレーションまで務めています。元アスリートとは思えないほどマルチな活躍をしている増田ですが、先日放送された『24時間テレビ』との比較から、彼女のマラソン解説を考察します。

「ランナー発表見て泣きそう」との声

「愛は地球を救う」と言い続ける日本テレビの『24時間テレビ』には、あたかもbotのように揶揄が向かうようになったが、いや、それでも物申さねば、との使命感が消えない人も多かろう。私もその一人だ。今年はマラソンランナーを当日発表としたが、番組が始まってもなかなかランナーが発表されなかった。その先延ばしっぷりを伝える記事「24時間TVランナー発表に『引っ張りすぎ』とネット上 『ブルゾン頑張れ』の声も」(デイリースポーツ)に目を通す。

無理やりな両論併記タイトルに失笑するが、本文には「ブルゾンが今年ブレークしたことから『ランナー発表でめちゃくちゃ感動した』『ランナー発表見て泣きそう』」などの声もあった、とある。この称賛って、もしかして新手の苦言だったのだろうか。どうやら、『24時間テレビ』を素直に堪能できる人って、もはやランナー発表だけで泣けるのである。だとすれば、ランナーを発表した直後に「サライ」を歌ってフィナーレにしてもオマエら泣くんでしょ、という強烈な皮肉が込められていたのではないか。

年始の箱根駅伝と晩夏の24時間マラソン

とにかく一日中走る、めっちゃ長い距離を走る、というチャレンジがなぜここまで「感動の定番」として膨張したのだろう。箱根駅伝にしろ、オリンピックなどの大きなマラソン大会にしろ、その実況・解説には、走者の人生が否応無しに盛り込まれる。そもそも、何年もかけて1回の試合に備えるスポーツ選手の葛藤を、「早く週末になんねぇかな。今日木曜日だと思ってたら水曜日だった。マジ最悪」などと短いスパンで生きている私たちに想像できるはずもないのだが、マラソン中継はどうしたって競技時間が長いので、ランナーの人生についての情報が多分に注ぎ込まれることになる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Pizzae_a 本を読んでみたくなった。→ 2年弱前 replyretweetfavorite

pingpongdash 最近ネットの記事を読むのを極力控えているのだけど、この連載だけは別格。「具体的に救うのは増田だ」に感動。 2年弱前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

kingmayummy 安定の武田さん節> 2年弱前 replyretweetfavorite