商社の英語

第11回】落ちこぼれは許されない! 伊藤忠「強制留学」のススメ

「英語はとにかくやれ」「中国語人材を1000人にする」──。過激なスローガンを掲げる伊藤忠商事。社員の語学習得を全面的にバックアップしている。その中身とはどんなものなのか。

 時計の針を巻き戻すこと2年、伊藤忠商事の國澤佑樹さんは、フィリピンのマニラ空港にいた。4カ月の英語研修を受けるためだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
商社の英語

週刊ダイヤモンド

今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下」である。そんな彼らも初めから英語がペラペラだったわけではない。血を吐く思いで努力した商社マンも多いのだ。本特集では、50人以上の商社マンに習得法を明かしてもらった。きっとあなたにぴったりの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません