ウソから始まる恋もある

フランスで生きる日本人女性にインタビューしていくシリーズ。3人目の今回は、フランス人旅行者だった彼と恋に落ち渡仏した、40代前半の女性にインタビューしています。彼との出会いは、お土産屋さんで働いているときに声をかけられ、アドレスを交換したのが最初だったそう。でも、その時渡したのはウソのアドレスで……? 彼女の恋の顛末に迫ります。

ごく普通に日本で働いていた1人の日本人女性が、どんなキッカケでパリにきて、何を考え、日々生活しているのかを紹介しているパリジャン十色。今回は、恋人と一緒に暮らすためにパリにやってきた日本人女性の、思いもよらぬ人生体験についてです。

現在40代前半のCさんは、パリ在住6年目。日本食レストランで勤務して5年目で、つけまつげとやわらかいチークが、いつもチャーミングな女性です。 私の語学学校時代からの友人で、私より年上なのですが、妹のように接してしまう愛くるしい存在。インタビューの日も、厚底サンダルに花柄携帯ケース、日本で流行中のロングパンツと、まるで日本からやってきた女子そのものです。

元こじらせ女子の私としては、まっすぐに女性の可愛らしさを表現できる素直なスタイルと、すっぴん率の多いパリでも毎度ちゃんとお化粧をしている彼女に尊敬の念を抱いています。

はじまりは、日本旅行中の彼とのメアド交換

さて、まずは彼女が今もお付き合いしているフランス人の彼と出会った経緯や、パリにやってきた時の話を伺ってみましょう。

— 彼との最初の出会いは?

Cさん 私が東京で和小物のお土産屋で働いていた時に、彼がお客さんの1人としてやってきたのが出会いでした。そのお店は私の祖母が長いこと続けていて、私も製作や販売を手伝っていたんですね。お客さんはほとんど外国人の観光客というお店で、そこに彼が来店してお話しているうちに、連絡先を交換することになったんです。でも、旅行中の人との関係なんてそう続かないと思っていたから、ウソのアドレスを渡してその場をやりすごそうとしたんです。


今回インタビューに応じてくれたCさん

ところが、その後まだ日本滞在中だった彼が 「メールが帰って来ちゃったよ」って、お店に来ちゃったんです(笑)。そんな風にまた来た人は初めてだったし、悪い感じもしないしと、正しいメルアドを伝え直して、後日一緒に遊びに行くことになりました。

この時点でCさんは、彼のことはタイプでもなかったし、特別意識はしていなかったけれど、「これまでよくお店に来ていた大人しい感じのフランス人観光客とも違って、なんとなく良いなぁ」という好印象ではあったそう。それが、デートで一気に接近することに……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saolin7 いろんな始まり方の恋があっていい♪ #フランス #恋愛 2年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 2年以上前 replyretweetfavorite