​悶絶するほどの「思い出し後悔」を解決する方法

過去の失敗がある日突然フラッシュバックして、恥ずかしくて悶絶してしまう。そんな経験のある方も多いと思います。今回の「ワイングラスのむこう側」は、そんな「思い出し後悔」のお話。林伸次さんが提案する「思い出し後悔」解決法とは?

なぜ何度も何度も襲ってくる「思い出し後悔」

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「思い出し後悔」ってありますよね。例えばこういうことです。

「どうしてあんな場所であの人に対してあんなことを言ってしまったんだろう。そういうつもりじゃなかったのに……。たぶんあの人、そうとう怒ってるだろうなあ、もう私のことなんて二度と許してくれないだろうなあ……」

「どうしてあのとき、知ったかぶりしてしまったんだろう。『それ知らないんだけど、教えてもらえる?』って正直に言えば良かっただけなのに……。たぶんあの人も『え、この人、知ったかぶりしてる。うわあ、最低』って思っていただろうなあ、自分って浅いなあ……」

「どうしてあのとき、あんなに見栄をはってしまったんだろう。自分は家だって、学歴だって、収入だって、決してそんなに良くないのに……。いつかあの人も、「そうか、実は大したことないんだ」って気づくだろうなあ、ほんと、どうして自分ってこんなに見栄っ張りなんだろう……」

「なんであれずっと勘違いしていたんだろう。「団塊の世代」を「だんこんの世代」ってずっと読んでいたんだよなあ。どうして誰も教えてくれなかったんだろう。恥ずかしいなあ。ああ、恥ずかしい」

って感じのことを、ある日、真夜中に布団の中で突然思い出して、「ああああああ! 自分って最低! はああああ」ってベッドの上で転げ回ることってありますよね。

僕は結構いろんな感情について考えることがあるのですが、どうもこの「思い出し後悔」だけは、どうしてこんなに何度も何度も、自分の心に襲いかかってくるのかさっぱり理由がわからないんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

harapekokazoku これいい!やってみる!→悶絶するほどの「思い出し後悔」を解決する方法|林伸次 @bar_bossa | 約1年前 replyretweetfavorite

bar_bossa また思い出し後悔https://t.co/MW2VxXIjBLに繫がる失敗をやってしまいました。ある方のお名前を、ずっと違う名前で呼んでました。周りの人たち、「林、間違ってる」ってずっと気になってただろうなあ、落ち込みます。というわけで今日もお店で待ってます♪ 約1年前 replyretweetfavorite

Ombra_mai_fufu そんなレベルじゃない場合はどうすればいいんだよ!-- 約1年前 replyretweetfavorite

asyara28 私も筆者の提案する二つの方法を、実践しています。しかし最近は、結構思い違いや勘違いをして、後から、「あ、間違えた!!」「あ、違った!!」訂正しないとってことが増えてきましたね。情けないですが・・・。  https://t.co/0cUxlmFpSK 約1年前 replyretweetfavorite