俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

麻布十番で発掘!美人店員とガチ飲みを愉しむ昼スナック探訪

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 夜遊び記者として足掛け8年。その職業病か拝金主義に毒されたのか、居酒屋やファミレスなど、いわゆる“フツーの飲食店”で美女が働く姿を見ると「その器量なら、もっと稼げるナイトワークはいくらでもあるのに……」などと余計なことを考えてしまうスギナミです。

 もちろん、高収入の代償にストレス過多なのが夜のお仕事。それは、夜の帳が下りた西武新宿線上りの車内で、眉間にシワを寄せてスマホをイジるキャバ嬢の姿を見れば一目瞭然。それだけに、フツーの飲食店の看板娘たちには夜の垢に染まらない笑顔を振りまいてほしいと願う今日この頃である。

 しかし、野口五郎「私鉄沿線」の時代ならともかく、その手の看板娘と夜遊びの醍醐味“心のセッショントーク”を試みようものならストーカー扱いされてしまう。思い悩む記者の耳に入ってきたのは、昼スナ(昼間限定の臨時スナック営業)を始めたという、イタリアンレストランの存在であった。

カフェ店員がスナック嬢に変身!港区の怪盗キャッツアイ

左からえみちゃん、あこちゃん、めぐちゃん。「一通りの夜遊びは体験しました」と語るとおり、高級ホステス以上に盛り上げ上手の3人。ガチの美女と飲み語らうのは夜より昼だ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード