今は「聞き上手」が、重要なスキルとなる時代だ【第8回】

家庭、学校、職場……多くの場所で求められる「コミュニケーション能力」。「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、その有無に悩む人が近年とても増えているようです。
好評発売中の書籍『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?』(日本実業出版社)より、さまざまな角度から「コミュニケーション能力の正体」や「身につけ方」をお伝えします。相手の「話を聞く」ために重要なのはテクニックではなく、ある4つの「姿勢」を知ることだとか……。

「話を聞く」という行為は簡単なように思えるが、多くの人が知るとおり、残念ながらきちんと聞ける人は少ない。

話し手に「ああ、聞いてもらってるな」という感覚を持ってもらうように聞くことは、相当の訓練が必要である。と同時に、じつは「人格的な部分」も問われる。それゆえ、「聞き上手」はかなりの希少なスキルだ。

とくに、マネジメント、営業、企画、マーケティングなど、「知識労働」に近い仕事はすべて、「人」との関わり合いが非常に重要な仕事だ。

だから、「聞く」スキルを持っていることは大変なアドバンテージである。

では、本当に「聞く」ために何が重要なのか。

「相づちを打つ」「相手の話が終わるまで口を挟まない」「うなずく」など、テクニック的なことが数多く紹介されているが、本当に重要なのはテクニックではない。

本当に重要なのは、話を聞くときの「姿勢」だ。「姿勢」とは具体的に何か。一般的に人は話を聞くとき、次の4つの姿勢のいずれかだ。

1  否定してやろう、と思って聞く

これは、人間としてまだ成熟していない、子どもの態度だ。つまり、相手の話に何かケチをつけてやろう、と思って聞く人々のことだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

150万人の琴線に触れた!多くの人が気づいていない暗黙のルール

この連載について

初回を読む
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉

「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、なんとなく求められる「コミュ力」の本質とはいったい何なのか? 150万人を読者にもつ人気サイト『Books&Apps』...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 自分で言うのもナンだけど、わたしかなりの聞き上手だと思うの…(だから仕事にできるともいえる) 2年以上前 replyretweetfavorite

suguruko ”相手の話を聞くには、自分の中にそれが入る『スペース』が必要で、そ れができるようになれば一人前。相手への信頼と愛がなければできない” 肝に銘じて。 2年以上前 replyretweetfavorite

suguruko " " "相手の話を聞くには、自分の中にそれが入る『スペース』が必要で、それができるようになれば一人前。相手への信頼と愛がなければできない" 2年以上前 replyretweetfavorite

marekingu 「聞き上手」って、結局「○○」を大切にできる人のことだ! https://t.co/ih6KhqTCK0 #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite