不公平」なもの!? 人事部が「会社」の評価について教えてくれた【第6回】

家庭、学校、職場……多くの場所で求められる「コミュニケーション能力」。「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、その有無に悩む人が近年とても増えているようです。
好評発売中の書籍『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?』(日本実業出版社)より、さまざまな角度から「コミュニケーション能力の正体」や「身につけ方」をお伝えします。学生時代とはかなり変わる、会社からの評価基準。そこにも「コミュニケーションスキル」が関わっているようで……。

ある企業のインターンを見た。

人事と現場の方が、かなり熱心にインターンのプログラムをつくっていたので、「仕事の実態が学べた」と、学生も満足度が高いようだった。

その最後の交流会のとき、参加した学生の1人が人事の方に聞いていた。素朴な疑問だっ た。

「業務内容はなんとなくイメージがつきますけど、まだ働きはじめるという実感が湧きませ ん。とくに人事とか評価については想像がつきません。自分が仕事でやったことが、どうやって評価されるんでしょう? きれいごとはたくさん聞きますけど、ぶっちゃけどうなのかって思います」

人事の人は、しばらく考えていた。

「そうですね……。はっきり言うと学校における評価とはかなり違います。たしかにきれいではない話ですが……、聞きたいですか?」

学生たちはうなずいた。

人事の人は、次のような話をした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

150万人の琴線に触れた!多くの人が気づいていない暗黙のルール

この連載について

初回を読む
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉

「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、なんとなく求められる「コミュ力」の本質とはいったい何なのか? 150万人を読者にもつ人気サイト『Books&Apps』...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません