察してくれ」に甘えつづけるコミュニケーションは、通用しなくなる【第5回】

家庭、学校、職場……多くの場所で求められる「コミュニケーション能力」。「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、その有無に悩む人が近年とても増えているようです。
好評発売中の書籍『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?』(日本実業出版社)より、さまざまな角度から「コミュニケーション能力の正体」や「身につけ方」をお伝えします。日本人特有の「あ・うん」の呼吸、そんな「察してコミュニケーション」には弊害があるようで……。

コミュニケーションのコツは何か、と問われれば、

「聞くことが大事」
「相手の動作を真似よ」
「共感しなさい」

といった「相手に好かれるためのテクニック」が紹介されることが多い。

だが、仕事における、真の意味でのコミュニケーションのコツ、すなわち要諦は、「察してくれ、に甘えないこと」。知人のコミュニケーション・マネジメントの研修講師が、こんな話をしていた。

「新しい働き方で大事なのは『好かれるため』のものではなく、『コラボレーションするため』のコミュニケーションだよ。つまり初対面でも、人間関係がそれほど濃密でなくとも、 成果が出せるような」

「ふーん……。もう少し具体的に説明してもらえないかな」

「コミュニケーションが不調で、お互いに不信感を持ったり、いがみ合ったりしているプロジェクトやスタートアップって、たいてい『察してくれ』が多すぎる」

「具体的には?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

150万人の琴線に触れた!多くの人が気づいていない暗黙のルール

この連載について

初回を読む
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉

「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、なんとなく求められる「コミュ力」の本質とはいったい何なのか? 150万人を読者にもつ人気サイト『Books&Apps』...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

NJG_pr 仕事の達人が「コミュニケーション能力」の本質を語ります! 1年以上前 replyretweetfavorite

a_ksrg175 |安達裕哉|仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか? 察してくれってのはホント困るよね. 相手はそこまで自分の事考えてないよ. https://t.co/feaJIHGHkV 1年以上前 replyretweetfavorite