​『スパイダーマン ホームカミング』 マーベルが目指した「小さな物語」

ジョン・ワッツ監督の『スパイダーマン ホームカミング』。この大人気キャラクターを扱った作品は、どのような魅力を放つのか、伊藤聡さんが物語を読み解きます。

アメコミ映画を継続的にフォローしていない方にとってはやや混乱しそうな新作、『スパイダーマン ホームカミング』の登場である。スパイダーマン映画は過去に何度かの仕切り直しを経ているため、説明が必要かもしれない。

まずは、サム・ライミ監督が2002年から開始した、『スパイダーマン』3部作。監督がマーク・ウェブに代わり、キャストも一新した『アメイジング・スパイダーマン』(’12)『アメイジング・スパイダーマン2』(’14)の2作。そして今回、監督に『COP CAR コップ・カー』(’15)を手がけたジョン・ワッツを据え、トム・ホランドが主演する新作『スパイダーマン ホームカミング』が公開された。なぜこのように何度もやり直すのか、事情がわかりにくい部分がある。

今回のリブート(再起動)には、マーベル(アメリカの漫画出版社)作品のキャラクターたちが同じ世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の一部としてスパイダーマンを登場させ、長期的に作品を発表していく意図があるのだ。映像化の権利がソニー・ピクチャーズからマーベルへ移った今後、スパイダーマンは、アイアンマン、キャプテン・アメリカといった人気キャラクターと共に、ひとつの大きな物語世界(MCU)を構築していくこととなる。

MCUに代表される「終わらない物語」は、映画業界において急速に台頭してきている。スーパーマン、バットマンを擁するDCコミックスの「DCエクステンデッド・ユニバース」や、往年のモンスター映画(フランケンシュタイン、透明人間、ドラキュラ)を現代版リメイクした「ダーク・ユニバース」が同様の手法を採った作品群を発表している。

こうしたシリーズは非常に人気が高いが、同時に弊害もある。物語のスケールが過度に大きくなりがちである点、次作への伏線や、ユニバース内の整合性を取るための説明描写などが増えるため、単独の映画作品としての完成度が損なわれるといった点だ。

しかし『スパイダーマン ホームカミング』は、それらの弊害をうまく取り除いた上で、コンパクトで小気味よい青春映画として広く支持される作品となった。派手な戦闘シーンや大じかけのストーリーに食傷ぎみの観客であっても、高校生の少年を主人公にした、あまずっぱい学園青春映画としての魅力には抗えないだろう。考えてみれば、同シリーズ3度目の映画化を、飽きさせずに観客へ提示することは実に困難である。さすがにヒーロー映画のアイデアも出尽くしたのでは、という大方の予想に反して、意外なまでに新鮮な作品が生まれたのは驚くべきことだ。

『スパイダーマン ホームカミング』は、ほとんどが青春映画のモチーフでできている。意中の少女との淡い恋、クラブ活動、オタクな友人との友情、プロム(学校で行われるダンスパーティー)、スパイダーマンと学校生活の両立……。こうした描写とヒーロー映画との組み合わせは実に初々しく、思春期の少年少女ならではのときめきに満ちている。学園映画に不可欠なフレッシュさを体現するのが、主人公を演じるトム・ホランドのどこか幼さを感じさせる表情や、いくぶん頼りなさげな雰囲気にほかならない。彼の無垢な表情を通じて、観客はひとりの少年の冒険と成長を追体験できるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

s_1wk 『スパイダーマン ホームカミング』 マーベルが目指した「小さな物語」|伊藤聡 @campintheair | 約3年前 replyretweetfavorite

campintheair cakes評更新、今回は『スパイダーマン ホームカミング』です。もう散々やり尽くされたスパイダーマン、フレッシュな再スタートがいちばん難しいところですが、そこをみごとにクリアした快作だと感じました。映画オススメです。 https://t.co/DzpIiJPczM 約3年前 replyretweetfavorite