美女入門

大人の不倫は、悟りから始まる

anan連載の名物エッセイ「美女入門」。シリーズpart15となる最新刊『美女は飽きない』もおかげさまで絶好調! 林さんのパワフル・エッセイの原点を探るシリーズ、今回は「美女入門」part7『美か、さもなくば死を』(文庫本が発売中)から、2006年の1編「不倫の真実」。不倫における人生の機微がわかるのが大人の感性。林さんが感服するような不倫カップルたちが、真の都市文化を支えているようです。

 このあいだ食事をする時、友人があるおしゃれな職種の社長と、その愛人を連れてきた。すごくきまっててカッコいいカップル、都会的でまるでハヤシマリコの小説に出てくるみたい。

 私はすぐに帰るはずだったのであるが、こんなに濃いカップルと食事する機会はめったにないと思い、最後までレストランにいた。男性は中年で、女性もそう若くはない。ふつう不倫のカップルというと、女性がぐっと若いパターンが多いのだが、こちらは彼女も三十代後半、自分でいろんな事業を手がけているそうだ。ふーん、やっぱり長続きする大人のカップルってこうなんだヮと私は納得した。やっぱり女の方がちゃんと仕事を持ち、ある程度稼いでいないとね。

 この頃、若い女のコが、「結婚前のアバンチュール」という感じでよく不倫をする。それはそれでいいけれども、こんな風に成熟したカップルにはならないはずだ。女の方でも自分の生き方を決めていて、結婚したがらない、子どもを産みたがらない、という風でなくては、いい感じのカップルにはならない。

 もう二十年以上前、私がコピーライターをしていた頃の話だ。有名コピーライターがよく連れてくる愛人がいた。彼女もコピーライターであるが、私のようにきったはったのフリーランスではなく、大きいプロダクション勤務のOL であった。お嬢さまっぽい美人で一流大学を出ている。その彼女と、中年のブ男との組み合わせは、見た目にはあんまりよくなかったかもしれない。公認のカップルでもあり、いつも一緒にいろんなところにくる。

「何も奥さんも子どももいる、こんなおっさんとつき合うこともないのに。それでも業界の大物とつき合いたいもんかしら」

 と私は冷ややかに見ていたのである。

 ところがつい最近、青山で一緒に歩いている二人を見かけたのだ。男性はおじいさんになり、彼女もめっきり老け込んでいた。男の人が離婚したという話は聞いていないから、彼女はずっと愛人ということになる。

「二十年も!」

 その間結婚もしなかったわけだ。あの楚々とした彼女に、よく強靭な意志があったものだと、私はちょっと感動してしまった。しかしあのおじさんのどこがいいんだろ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女の人生、「モテ期」に期限なし! 日々美を磨き、新たな出会いのスタンバイ。人生に飽きているヒマはないのです!

美女は飽きない

林真理子
マガジンハウス
2017-06-22

この連載について

初回を読む
美女入門

林真理子

ついに1000回を迎えた、アンアン連載「美女入門」。1997年の第1回には、こんな一文があります。「キレイじゃなければ生きていたってつまらない。思えば私の人生は、キレイになりたい、男の人にモテたいという、この2つのことに集約されている...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 「結婚もしてくれないし、そんなに得になることもない」と不倫の真実がわかった時に、本当の不倫が始まるのではないだろうか。(本文より)→ 12ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola |林真理子|美女入門 不倫するようなオトコに、オンナにろくな奴はいない。誰かを傷つけてまで愛だの恋だのアホかと思う。家族との信頼関係を壊して人の人生をめちゃくちゃにするのが不倫。 https://t.co/VGgO0AUz0p 12ヶ月前 replyretweetfavorite

pixiewired "キャピキャピ女のコの遊びの延長のような不倫ならともかく、中年といわれる年齢に近づくと、恋愛はもっと切実なものになる。この相手..." https://t.co/rqb59iRFtY https://t.co/57NQKJuq7x #drip_app 12ヶ月前 replyretweetfavorite