商社の英語

第4回】英語は学ぶよりも鍛える! 「四つのコツ」を一挙公開

ただ漫然と英語学習を始めても、成果は上がらないし、つまらないので継続できない。実際に英語力がアップした先輩たちに、最も効率的な最強の学習方法について聞いてみた。

【その一】 短期集中決戦

 刻一刻とタイムリミットは迫っていた。住友商事の村田大樹さんが一念発起したのは、入社4年目のとき。5年目までにTOEIC730点を獲得しなければ、海外赴任の要件に響くからだ。同期の大半は入社時点で基準をクリア。落ちこぼれは少数派で、同期からは完全に後れを取っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
商社の英語

週刊ダイヤモンド

今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下」である。そんな彼らも初めから英語がペラペラだったわけではない。血を吐く思いで努力した商社マンも多いのだ。本特集では、50人以上の商社マンに習得法を明かしてもらった。きっとあなたにぴったりの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません