商社の英語

第1回】「英語がデキないと人間以下」 語学エリート商社マンの実態

商社マンが話す英語は、受験英語ではなくて、ビジネスで生きる実践英語である。あなたも「商社=勝者」の英語をマスターして、グローバル時代に勝てるビジネスマンになろう。

 今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下である」(三井物産のベテラン社員)という実態は変わっていない。グローバルで事業を展開する日本の総合商社には、海外からの電話やメールが多く、「英語の巧拙はあるけれども、一般職社員も含めて全社員が受け答えできることが前提」(三菱商事人事部)となっているからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

商社の英語

週刊ダイヤモンド

今も昔も、「英語がデキない商社マンは人間以下」である。そんな彼らも初めから英語がペラペラだったわけではない。血を吐く思いで努力した商社マンも多いのだ。本特集では、50人以上の商社マンに習得法を明かしてもらった。きっとあなたにぴったりの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

lalahearttwit ええ〜、「商社の英語」なんて雑誌できてたわけ?ちょっと恥ずかしいかも? 約2年前 replyretweetfavorite

Manchee902 「一般職」とか言ってる時点で「グローバル」には程遠くてよ(真顔 約2年前 replyretweetfavorite

pingpongdash なかなかタイムリーな連載が始まった 約2年前 replyretweetfavorite

quincedaddy なんか、求められる英語力低くない? 約2年前 replyretweetfavorite