あ、戸田奈津子だ」という確認作業

恐らく日本でいちばん有名な映画字幕翻訳家・戸田奈津子。『タイタニック』や『スター・ウォーズ』シリーズのような大作の翻訳や、ハリウッドの大物監督・俳優たちとの交友関係などが知られている反面、誤訳や行き過ぎた意訳を指摘されることもしばしば。今回の「ワダアキ考」は、そんな話では無く、戸田奈津子という存在について武田砂鉄さんが論じます。

今日の通訳は戸田奈津子なのか?

こんな習慣を持っているのは私だけなのだろうか。ラテ欄や番組内の事前告知で、あのハリウッド俳優がゲスト出演する、と知らされた段階で「今日の通訳は戸田奈津子なのか?」と問いを投げかけ、実際に戸田が出てきた様子を見て「あ、戸田奈津子だ!」と確認する習慣。声に出すわけではなく、Q&Aの両方を頭の中で済ませている。今日は戸田奈津子なのか、やっぱり戸田奈津子か、というやり取りを百回くらいは繰り返してきた。そのくせ、なぜその問答を繰り返すのかについて考えたことが無かったので、この機会に考えてみたい。

仮に、番組の司会者を山田、ハリウッド俳優をジョンだとする。その場での言葉のやり取りを示せば「山田←→通訳←→ジョン」になるわけだが、通訳者はできるだけジョンの陰に隠れて、それこそ物理的にもジョンの後ろに位置し、「山田←→ジョン(with通訳)」という見せ方を心がける。「山田→ジョン」の時には、通訳はジョンの耳元に顔を寄せ、相当な速度で訳して伝えていく。でも、戸田奈津子の場合、明らかにその場が「山田←→戸田←→ジョン」との構図になる。戸田奈津子だけがこの構図になるのは、彼女が業界屈指の大御所だから、という平凡な理由だけなのだろうか。

字幕は1秒につき4文字

津田塾大学に通っていた戸田は、大学の教務課から「第一生命保険の社長秘書にならないか」と誘われ、英文関係の秘書として就職した。しかし、当時、処理すべき英語の手紙といえば週に数通くらいのもので、彼女は部屋でとにかく暇を持て余していた。勤め先の第一生命ビルは、戦後、GHQの庁舎として接収されたビルであり、戸田が暇を持て余していた部屋は、かつてのマッカーサーの執務室の隣だったという。そんな場で、海の外の文化への憧れを膨らませ、いよいよ耐えきれなくなった戸田は、一年半で見切りをつけ、字幕の仕事を模索し始める。当時、英米映画の多くの字幕を担当していた清水俊二の門を叩き、シナリオの到着が遅れている映画のヒアリングの仕事をもらうようになり、字幕翻訳の道を歩み始める。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

material_bb 確かに…( ̄□ ̄) https://t.co/KwbCdygRNk 約1年前 replyretweetfavorite

manbo_khazad 前から言ってるけど最近はなっちよりも林完治字幕のほうがホント簡便して欲しいんだわ。スパイディは違うようで良かった。 2年弱前 replyretweetfavorite

YoKoof 今日の名言「お叱りや間違いの指摘は真摯に受け止めますが、基本的には気にしないことにしています」元気出たわ〜w→ 2年弱前 replyretweetfavorite

elba_isola |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 それはその通りだ。というかハリウッド俳優と戸田奈津子しか思い出せないとか戸田奈津子しか思い出せないとか。存在感凄い https://t.co/QbRy96ubh5 2年弱前 replyretweetfavorite