弁護士・裁判官・検察官

第1回】環境の激変に直面する法曹

法曹界の地盤沈下が叫ばれて久しい。その大きな理由は、2000年代以降の司法制度改革で法曹人口が急増し、弁護士が過当競争にさらされていることにある。

 法律事務所の若手弁護士は、ブラック企業と見紛うほどの過酷な労働環境下で酷使される。就職さえできない者も多い。事務所経営の苦しさから、預かり金を着服するなどして懲戒されるベテランも目立って増え始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

弁護士・裁判官・検察官

週刊ダイヤモンド

弁護士、裁判官、検察官──。文系最難関の司法試験に合格した、選ばれしエリートたちだ。今回、特集班は彼ら法曹関係者113人に総力取材し、重厚な法曹界の扉を開け放った。その扉の向こうには、それぞれ固有の事情から没落の憂き目に遭う三者の姿が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません