今日バイトで疲れてるし、明日も一限あるから、本当に寝るね

コンビニバイト三人組が共同生活を始めるにあたり、引っ越しを手伝ってくれたのが小森谷くんの彼女だった。バイト後に引っ越しを手伝いに来てくれたのだが、次の日も朝が早い模様。疲れている彼女に対し小森谷くんがとった行動は、後に土岸からも仁義がないと怒られるものだった。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 ──先生、おれ、幸せになりますね。

 それから彼と高山さんは、デートを繰り返した。彼女はそれなりに楽しそうにしていたが、彼は“次にどうすればいい”ということばかりを考えていた。

 初めてできた彼女と仲を深めるために、次は何をすればいいんだろう。

「来週から、おれら三人暮らしをするんだよ」

「えー! ホントに? 楽しそう!」

 高山さんは嬉しそうに笑った。

「じゃあさ、引っ越すとき、手伝いに来る?」

 ふやけた頭で、彼は誘った。

「うん。バイトがあるけど、行けそうだったら、行くよ」

 引っ越し当日、結構遅い時間の作業になってしまった。

 軽トラで土岸家、小森谷家、岡本くんの部屋、と順に回り、荷物を積む。一度では無理だったので、三往復する。

 荷物を運び終えた二十三時過ぎに、バイトを終えた高山さんが駈けつけてくれた。

「ごめんねー、遅くなっちゃって」

「いやいや。じゃあ、今日泊まっていけば?」

 “次”を期待する彼の脳は、中央の芯のほうまでふやけていた。

「うーん、どうしようかな」

「いいじゃん、泊まっていきなよ」

「……うん、そうする」

 作業はまだまだ続いた。

 三人と高山さんは、荷物をそれぞれの部屋に運んだ。リビングやトイレなどの共同スペースに、岡本くんの持ってきた一人暮らし用の家具を収める。

 足りないものをコンビニに買いに行く。それぞれの荷物を、それぞれの部屋に運ぶ。

 三時を過ぎる頃、まだ開けていない段ボールもあったけど、ひとまず作業を終えることにした。

「あー、眠いわ。おれもう寝るね。高山、今日はありがとうね」

 土岸は高山さんにお礼を言って、二階の自分の部屋に向かった。

「おれも寝るわ。みんなお疲れー」

 岡本くんも眠そうな顔をして、二階の部屋に向かった。

「……じゃあ、おれたちも寝ようか」

「うん」

 彼の部屋は一階で、リビングの隣にあった。まだ開けてない段ボール箱を隅に押しのけ、彼は実家から運んだ布団を敷いた。

「私、リビングで寝るよ」

「いいよ、こっちで寝なよ」

 彼が強引に誘うので、高山さんも彼の部屋で寝ることになった。

「私、今日バイトで疲れてるし、明日も一限があるから、本当に寝るね」

「うん、わかった」

 高山さんは本当に眠そうにしていたし、彼も寝ようかな、とは思っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません