自分に好意があると思われる女性に告白すべきか否か

コンビニバイトの三人組は、共同生活をすることになった。そんな中、今まで彼女がいたことがない小森谷くんに対し、好意を抱く女の子がいるという。初めて彼女ができるかもしれない小森谷くんだが、今までの経験から、また告白が失敗するのではと恐れており……。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 待ち続けた電話がついに鳴った。岡本くんからの、数週間ぶりの連絡だった。

 おう、うん、それでそこはどこなの? うん、うん、と土岸は半笑いで話す。

「今からそっち行くから」

 と、土岸が言った。

 は? とか、なにそれ? とかいう声がスピーカーから聞こえる。

「今もう新潟なんだよ。朝イチのフェリーで行くからな」

 えー! という声を嬉しそうに聞きながら、土岸は一方的に電話を切った。

「あいつ、佐渡にいるんだって」

「まじかよ!」

「旅館の従業員の朝は早いんだってさ。ずっと寝てて、今起きたとこだって」

 岡本くんはどうやら、佐渡の旅館で真面目に働いているらしい。ようやくわかった岡本くんの消息に、彼女は少し涙ぐんでいる。

 ロードマップを開いて場所を確認した彼らは、また車を走らせた。

 港で手続きをして、車ごとフェリーに乗り込む。朝焼けと共に動きだしたフェリーは、二時間くらいで佐渡島に着く。

 きぃぃぃぃ、というカモメの鳴き声が聞こえた。

 その旅館の駐車場に入り、ひとまずクラクションを鳴らしてみる。ほとんど同時に、旅館の上っ張りを着た岡本くんが、飛びだしてきた。

「岡本!」

 土岸が大声で呼んだ。

 こっちを向いた岡本くんは、彼女や小森谷くんにも気づく。

 会えて嬉しい、と言って彼女が泣きだした。彼女の肩に手をやる岡本くんは、明らかに困った顔をしている。

 二人を満足そうに眺めた土岸が、一旦車に戻った。

「さあ、おれらは泳ぐぞ!」

 土岸はいつの間にか海パン姿になっていた。さっさと泳いで日野に戻って、彼らは夜勤をしなければならない。

「ありがとうございます!」

「お箸は付けますか?」

 佐渡で泳いだ十数時間後、砂浜で爆睡してしゃれにならないほど日焼けした二人の男が、日野のコンビニで声をあげていた。


 変化のときは、いつも突然だった。

「いつも三人一緒なんだから、いっそ一軒家で三人暮らしすればいいんじゃね?」

 残暑の中、土岸がいきなり言った。

 新潟から戻ってきた岡本くんが、またコンビニバイトに復帰していた。まだまだ暑い夏が、長い長い尾を引いている。

「3LDKで、リビングは広めがいいな」

 ぐいぐい話を進めるのは土岸だったが、彼も岡本くんもまんざらではなかった。

 すでに一人暮らしをしている岡本くんにしてみると、共同生活のほうが家賃も安くなる。小森谷くんにしてみたら、初めて実家を出ることには、やはり単純に興奮を覚える。

 やがて土岸は、八王子郊外にある、なかなか良さそうな物件を見つけてきた。

 土岸はそういう嗅覚に優れ、また行動も決断も早かった。三人暮らしという言葉を初めて聞いて、まだ三日しか経っていなかった。

「ここなら大学も行きやすいし、バイトも近いだろ?」

「ああ、そうだな」

 すっかりその気になった三人は、すぐ不動産屋に出向いて手付け金を払った。その場で、二週間後に引っ越すことが決まった。

 彼にとって、“変化”はそれだけではなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません