MEDIA MAKERS」を読んで考える、個人のメディア化の方法論(前編)

R30こと川上慎市郎さんの社会時評。今回はcakesでもおなじみの田端信太郎さんの著書「MEDIA MAKERS」を切り口に、企業のメディア化、個人のメディア化について考えていきます。2003年のブログ登場、以降のSNS流行のなかで登場してきた「メディア化した個人」。では個人が「メディア化」してしまう理由は何なんでしょうか?

今さらですが、昨年11月に発刊された田端信太郎氏の「MEDIA MAKERS 社会が動く影響力の正体」を読みました。

R25、VOGUEといった紙メディアから、ライブドアニュース、そしてNAVERまとめ、LINEといった極めてパーソナルなネットメディアに至るまで、さまざまなメディアビジネスにかかわって来た田端氏による「メディアとメディアビジネスにたずさわるための基本常識」といった趣の解説書です。信頼性、編集権、リニア/ノンリニア、技術アーキテクチャとパッケージングなど、ビジネスとしてのメディアを考える際に必要な概念は、きれいに網羅されています。

「MEDIA MAKERS」がベストセラーになった理由は、非常に簡単だと思っています。今や、あらゆる企業が「メディア化」しなければならないというせっぱ詰まった状況に追い込まれつつあるからです。

企業のメディア化の必要性は、私自身は2005年頃から唱えていたことでしたが、自社のウェブサイトに顧客や見込み客を集め、ブランドに関する情報を継続的に発信したり、製品を補完する価値を提供したりといったことを通じてロイヤリティを高めていくためには大きな効果があるとされています。2〜3年ほど前から、「トリプルメディア」「オウンドメディア」といった言葉とともに、その重要性は広く語られるようになってきました。

しかし、企業が自社のウェブサイトに豊富なコンテンツと強い編集権限を与えてメディア化することは、実は簡単なことではありません。「なぜうちの会社はうまくいかないのか?どうすれば自社サイトをメディア化できるのか?」と悩んでいる人たちにとって、この本はまさにその答えを示してくれるものだったと思います。

ビジネスでは説明できない「個人のメディア化」の潮流

その意味で、この本はとても役に立つ内容だと思うのですが、一方で上記のようなニーズに全力で応えようとした結果、メディア論としてあまり語られていないこともあります。その1つは、「個人のメディア化」をめぐる問題です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

atsuage07 個人のメディア価値って考えは寧ろ更に格差を広げんじゃね。 5年以上前 replyretweetfavorite

tommynovember7 あまり言及されない個人のメディア化、しかもその暗部に切り込むらしい。次稿期待。 5年以上前 replyretweetfavorite

tabbata 川上さん、有難うございます。おっしゃる通り!=>自己を客観視できない人には「メディア化」は危険な毒薬 5年以上前 replyretweetfavorite

R30 儲けるつもりのないメディアは何をすればいいのか、考えてみたいと思います。|R30::リローデッド 5年以上前 replyretweetfavorite