第16回】気にしているのがイイ話

ステータスとしてとらえられることの多い「巨乳」という言葉。岡田育さんもその言葉をかけられることがあると言います。しかし、岡田さんは自分は決して巨乳ではないと語ります。それには確固とした論理的根拠と、体の別の部位についてのコンプレックスがありました。大好評エッセイ連載第16回です。

 たまに「巨乳ですよねー」と言われることがある。「いや、普通ですよ」と返すと、なぜか大抵「またまたー、ご謙遜をー!」などと言われる。「本当は他人が羨むほどの巨乳でありながら、わざと巨乳を隠すフリをしちゃってー!」「そんなにたっぷりあるんだから、気に病むことないじゃないですかー!」というニュアンスだ。

 私の乳は一般乳である。根拠は、どこにでもある街の下着屋へ入って、どこにでもある下着を調達できるからだ。一般的な市販のブラジャーサイズの範疇におさまっていて、大きさや小ささを理由に取り寄せや特注やオーダーメイドをしたことがないゆえに、自分を「巨乳」とも「貧乳」とも思わない。真の巨乳たちが下着探しにどれだけ苦労しているかを多少なりとも知る身としては、山のあなたの空遠く高くそびえる乳たちのさしぐむ涙に畏敬の念を持って、「私ごときが巨乳を名乗るわけにはいかない」という心持ちでいる。

 それでも、タートルネックを着れば「乳袋あざとい」と言われ、Vネックを着れば「谷間けしからん」と言われ、何も着ずにおればデブだ肉だと罵られ、神経をビンビンに尖らせた皆様から敵視されるとき、私の乳は私のものであるはずなのに、それに対してコンプレックスを抱く権利をよそから奪われたかのように感じてしまう。Aカップ以上Fカップ未満の範疇におさまる一般乳の私でさえこうなのだから、真の巨乳……たかが乳当て一つ買うのに品揃え豊富な専門店まで行かねばならぬ人たちの、精神的苦痛は計り知れない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ハジの多い人生

岡田育

趣味に対する熱量の高いツイートと時事に対する冷静な視点でのツイートを自在に繰り出すWEB系文化系女子okadaicこと岡田育。 普通に生きているつもりなのに「普通じゃない」と言われ、食うに困らず生きているのに「不幸な女(ひと)」と言わ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sadaponta |ハジの多い人生|岡田育 @okadaic |cakes(ケイクス) massである程下品に結びつくのは何故だろうか。そして、欠けたものの方が健気に見えるのは宿命なんだろうか。 https://t.co/za2OejSIZf 5年弱前 replyretweetfavorite

flat_m 和光市在住靴コンプ女子としては言い得ないシンパシーのあるお話。タルサタイムは知らないが、関西の田舎から同じような気持ちで卑弥呼に通ってた 5年弱前 replyretweetfavorite

s__hideki @pipi_0225 あ、ちなみにエッセイはこちら!!安いとはいえ課金のサイトだからもし興味がなければスルーしてください(^O^) https://t.co/dUSLQcnufB 約5年前 replyretweetfavorite

nu36 な、なんて感想を言いにくいエッセイなんだ…(でも読むべし) 約5年前 replyretweetfavorite