神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

第六回 すべてを変えた父の死

東京演芸界期待の星であり、数少ない男性若手の講談師である神田松之丞は、落語芸術協会の二ツ目落語家によるユニット〈成金〉の仕掛人でもある。ここからは、時間を遡って彼の生い立ちを見ていきたい。


撮影・青木登(新潮社写真部)

 松之丞は、一九八三年六月四日生まれ、豊島区池袋出身である。生家は母方の実家で、家族は両親と母方の祖父母、彼の四つ上の兄という三世代にわたっていた。中学のときに家が道路拡張工事で取り壊されることになり、同区内で引っ越しを体験するが、大学時代までの期間を松之丞は池袋周辺で過ごした。

「おやじは貿易の仕事をしてたみたいですね。僕のおやじのイメージは会社員で、課長、課長ってやたらと言われていたという。電話で『黄金のバナナが出来る』って話しているのを横で聴いていた記憶があります。当時有機栽培のバナナってなかったらしいんですけど、それを他社に先駆けて作ろうとしていた、という話だったみたいです。おやじの記憶は九歳までしかない。ときどきキャッチボールをしてくれる課長、ですね」

 記憶が九歳で途切れているのは、父親が九歳のときに急に亡くなったからだ。

「おやじが突然いなくなって、母親がずっとおろおろしてたんですよ。こんなことは今までなかった、何かあったに違いないって。それから二日後に、図工でサルの人形を作ったんです。僕はすごい不器用なんですけど、親ザルと子ザルが抱き合って、ゆっさゆっさするみたいな。すごい出来がよかったから、これを見せれば母親はおやじが帰ってこなくても喜ぶに違いないって、子供だから思いました。で、その日帰ったら、母親が今までに見たことないような顔をしているんですよ。ちょっと話あるからって連れていかれたら、じいちゃんもばあちゃんも、兄貴もいた。そのときの光景も覚えてます。警察から連絡があって、お父さんが死んだ、と言われたときの、とりあえず実感はないんだけど、父親がいなくなったことだけはわかったというあの空気も」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

vol.45はコミック新連載「愛と呪い」(ふみふみこ)ほか。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.45(2017年8月号)[雑誌]

最果タヒ,ふみふみこ,青柳碧人,柏井壽,神田松之丞,岡崎琢磨,須賀しのぶ,吉川トリコ,朱野帰子,蒼月海里,三川みり,千早茜,尾崎世界観,三上延,東川篤哉,中山七里,乾緑郎,早坂吝,益田ミリ,成田名璃子,吉野万理子,梶尾真治,藤井太洋,カレー沢薫,杉江松恋,新井久幸
新潮社
2017-07-21

この連載について

初回を読む
神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

神田松之丞 /新潮社yom yom編集部 /杉江松恋

ここ数年、演芸ファンの注目を集め続けている男がいる。 神田松之丞、1983年生まれの33歳。90年代以降、東京の講談界では入門者の多くが女性であり、日本講談協会にも、もう一つの講談団体である講談協会にも、彼以降に入門して現在まで現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pocaris_k この人形のくだり読んでつらくなった 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hivarin 演芸界でもっとも熱い男、講談師・ 約3年前 replyretweetfavorite

satoshi198006 【|新潮社yom yom編集部 @yomyomclub |神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!】 https://t.co/QgZC5FduBn 約3年前 replyretweetfavorite

yomyomclub 松之丞さん連載公開!|[今なら無料!]演芸界でもっとも熱い男、講談師・神田松之丞の革命的芸道論! 約3年前 replyretweetfavorite