この女はどこまで最低なのだろう

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまを〝満足させ〟つつ、あらゆる家事と育児を「完璧に仕切る」ファンキーな毎日のはじまりです。


お詫びと訂正


前回の記述について妻の三輪記子ふさこから厳重抗議を受けました。リリー・フランキーさんのイベントで、私と出会う前の「セフレ消防士」と再会したエピソードを紹介しましたが、「セフレ」ではなく、正しくは「ヒモ」だそうです。

 証拠として、二〇一五年にその消防士が週刊プレイボーイ連載のリリー氏の人生相談に登場した号を提出されました。一部内容を要約、抜粋します。

「今の彼女との結婚が決まっているものの、元カノのことが忘れられない」

 もちろん元カノとは妻ではない。

M男 実は元カノと別れた後に三ヶ月ぐらいアラフォーの女性のヒモになっていたことがありまして……。

リリー 元カノと別れたことが、相当ショックだったんだねえ。

M男 ええ。それで、また、そのアラフォーの女性が、とにかく絶倫で……。僕は仕事から帰ってきて寝たふりとかするんですけど、許してもらえなくて。ほぼ毎日セックスしました。それで三ヶ月後には体がもたなくなって「もうできません」って謝ったんです。

リリー 二十代前半で、しかも消防士で体を鍛えているのに「もうできません」って言わせるそのアラフォーの女性は凄いなあ。

M男 そうしたら「家に住まわせてもらってご飯も食べさせてもらって、それでセックスができないってどういうことなの!」って六時間説教されました。それが今、ちょっとトラウマみたいになっていて……。

 この「アラフォーの女性」が誰か、賢明な読者には説明するまでもないでしょう。読者の皆様には今後とも著者に同情の声をよろしくお願い致します。

 なお今後、京都市内の消防署に放火があっても犯人は私ではありません。         

樋口毅宏

 すでに御存知の通り、この育児日記の二回に一回は妻への愚痴と暴露だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自称ハードボイルド作家による、爆笑子育てエッセイ好評発売中!

この連載について

初回を読む
おっぱいがほしい!—男の子育て日記

樋口毅宏

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kmuramatsu 三輪先生すげぇ!かっこいい!みんな続け!ドカンと稼いでイケメンマッチョを飼おう!というのがフェミニズムじゃない??(違うか。)> 2年以上前 replyretweetfavorite

kunch6_1re 今回もある意味、最低で最高でした。 約3年前 replyretweetfavorite

aoxtomax 三輪さんも樋口さんも素晴らしい。他人事として読んでるからかもしれないけど。これが特別視されることが不思議になる未来はきっと来る。 | 約3年前 replyretweetfavorite

shimadakana ここまで率直に妻への暴言を書かれると、一周回って愛しか感じないわよね(笑) https://t.co/5D2GAbWNZ4 約3年前 replyretweetfavorite