僕と記子のキューピッドに一文を抱っこしてもらった

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまを〝満足させ〟つつ、あらゆる家事と育児を「完璧に仕切る」ファンキーな毎日のはじまりです。

2016年7月27日

赤ん坊とふたりで朝まで過ごし、その間何度もミルクとオムツをやって風呂に入れ、東京行きの新幹線で泣き叫ぶので車内を抱っこして歩きながらあやす。自分がこういうことをできるとは思わな……いや、できると思ってたかな。

新幹線車内のサラリーマンの「赤ん坊を泣かしてんじゃねえようるせえよ男のくせに何やってんだよ恥ずかしくねえのかよ(失笑憐れみ)」に対する耐性はできてるかな。

俺がいまヒゲ面のコワモテだから面と向かって「赤ん坊を泣かせるな!それでも親か!」と文句を言ってくる人はいない。だけど俺が女性(しかも若くて小柄)だったら、自分より弱い生き物だとナメてかかり、怒鳴り付けてくるオヤジが普通にいるだろうなと思う。

 以上、三連発ツイート。『ママだって、人間』の田房永子さんがお気に入りに入れてくれて嬉しい。

8月1日

 一文  かずふみのお腹が張っている。救急病院へ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

自称ハードボイルド作家による、爆笑子育てエッセイ好評発売中!

この連載について

初回を読む
おっぱいがほしい!—男の子育て日記

樋口毅宏

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha 専業主夫…ではないよね?某自称専業主夫漫画家しかり。 1年以上前 replyretweetfavorite