おべんと探訪記

弁当の真ん中に丸太が1本…。大分・日田の「きこりめし」

大分県の西の端に位置する街、日田。ここに「きこりめし」という、なんとも興味をそそられる名前のお弁当がある。聞けば日田は林業が盛んな街。「きこりが食べるからきこりめしなの?」「そもそもきこりって実在するの?」噂のお弁当に目を光らせる伊藤まさこさんが、疑問をたくさん抱えながら、いざ日田の街へ!

 "ウッドデザイン賞"受賞!「きこりめし」誕生秘話

 元気をなくしつつある日田の林業をなんとかしようと、日田市の観光協会で働く黒木陽介さんと、街の映画館「リベルテ」を営む原茂樹さん、東京に住む画家の牧野伊三夫さんたちが「ヤブクグリ」という会を発足したのが、今から5年ほど前のこと。

 想いは先走るものの、何から始めたらいいか分からないし、活動資金の工面もつかない。はて……と困った時に「そうだ! お弁当を作って売ろうじゃないか」ということになったそう。 そこで白羽の矢が立ったのが、駅前の名物食堂・寳屋のご主人、佐々木美徳さん。ああでもないこうでもないと、みんなで意見を出し合い、試作を重ね、やがてできてきたのが、「きこりめし」だったのでした。

「ヤブクグリ」は、地元・日田の木材を使用した弁当箱やメニュー開発など、地域資源を複合的に組み合わせたことを評価され、ウッドデザイン賞2016を受賞。


メニュー豊富な寶屋。一番人気はちゃんぽんとか。時折ここで「ヤブクグリ」の会合も行われるそう。ちなみに「きこりめし」は、前日までにご予約を(詳細は下記)。


ごぼう=丸太!? ノコギリで切っていただきます。

「日田の山のてっぺんで、好きなおかずがたくさん入った特製のお弁当があったらいいなぁ」。
 みんなのそんな想いが形になったきこりめし弁当。ごはんに麦を混ぜたらどうだろう?とか、大根の一六漬けを減らして梅干しを入れてとか、季節ごとにおかずを変えよう、いや変えずにそのままがいいんじゃないかとか……。中でも、佐々木さんが苦労したのはごぼう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「好物のお弁当のふたを開けた時の、 わくわくするような気持ちで読んでもらえたらいいなぁ」

おべんと探訪記

伊藤まさこ
マガジンハウス
2017-03-22

この連載について

初回を読む
おべんと探訪記

伊藤まさこ

自他ともに食いしん坊と認める人気スタイリスト・伊藤まさこさんが、噂のお弁当を探して、日本各地を西へ東へ! 2017年レシピ本大賞【エッセイ部門】にノミネートされた、伊藤さんのお弁当本『おべんと探訪記』の内容から、今日から役立つ&楽しい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

potteringoyaji きこりめし食べにおいでよ大分日田 https://t.co/ezkakqp0A8 2年以上前 replyretweetfavorite