子供の体調が悪くなるたび、気を揉むのが親というものなのか

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまを〝満足させ〟つつ、あらゆる家事と育児を「完璧に仕切る」ファンキーな毎日のはじまりです。

2016年7月4日

 日曜の夜からいきなり、一文かずふみの体調が悪くなった。

 確かに最近咳は出ていたが、それ以外は特に心当たりも問題もなかった。体温計で計ると三十八度台の高熱。頭だけでなく手足も熱い。こんなことは初めてだ。

 当然保育園は休み。近所の小児科に連れて行くと、「突発性発疹か胃腸炎ではないか」と診断された。

 赤ん坊は生まれてからしばらくは母親からもらった免疫があるから丈夫だが、その効き目も切れてきたのだろう。服用された坐薬を一文の肛門に入れると、途端に平熱に戻った。

 しかし、くっ付いていないと心細いようで泣きじゃくる。最近生えてきた前歯で噛み付いてくる。くすぐったい。

 一文の面倒を見ながら、文庫のゲラの戻しと新刊の単行本のカバー指示と洗濯と風呂掃除まで済ませる俺は、どこからか表彰状の一枚ぐらいもらってもいいと思った。

7月5日

 だいぶマシになったが本調子とは程遠いようで、こちらがトイレとか少しでも姿が見えなくなると泣いて甘えてくる。だから噛むなって。

 絶好調のバロメーターでもある、つかまり立ち、台所までハイハイ、フルスマイルは影をひそめたまま。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おっぱいがほしい!—男の子育て日記

樋口毅宏

子育ては、この世で一番ハードでクリエイティブなワークだ! 無頼のハードボイルド作家である樋口毅宏さんが、いつのまにか専業主夫になってしまった男の子育て日記『おっぱいがほしい』を特別掲載します。 美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nishino_fumi |樋口毅宏|おっぱいがほしい!――男の子育て日記 あんなにハードボイルドでオマージュに満ちた小説を書かれる方が子どもにデレデレしている姿は、本当にかわいい☺️ https://t.co/kaShpLhHjD 約3年前 replyretweetfavorite

pixiewired "仰向けの僕をベッドにして寝ていた一文が股間までずり下がる。そのままにしておいたら「ギャッ!」と叫び声を上げてしまった。 一文..." https://t.co/yJl3YdIweB https://t.co/fZa8Etz2TC #drip_app 約3年前 replyretweetfavorite