ほぼ100%白人男性の右翼が集結。分断が進むアメリカ

8月12日、アメリカ南部・バージニア州のシャーロッツビルで白人至上主義者やネオナチの支持者らが集会を行いました。そこで反対運動をする集団と衝突し、死傷者がでました。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、激化するアメリカの分断について考えます。

白人至上主義者たちのデモで起こった衝突

先週土曜日、アメリカの東部、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者(white supremacists)が大規模の集会を行った。

前夜には、集まった白人至上主義者がタイマツを掲げて、ナチス式の敬礼をしつつ、
「単一民族、団結した国家、移民受け入れ廃止」
(one people, one nation, end immigration)
と唱えて行進した。

その映像は、映画『ミシシッピー・バーニング』を連想させ、背筋が凍えた。


翌日の集会では、白人至上主義者らとそれに抗議する集団が衝突し、暴動になった。
また、抗議デモの集団に自動車が突入し、その結果32歳の女性が死亡した。車を運転していたのは、オハイオ州からやってきたナチス信望者の20歳の男性だった。

多くの人が負傷し、死者まで出したこの事件について、トランプ大統領は記者会見で次のような声明文を読んだ。

「われわれは、多くの立場からの、このはなはだしい憎悪、偏見、暴力を、極めて断固として批判する」
(We condemn, in the strongest possible terms, this egregious display of hatred, bigotry and violence on many sides)

そして、強調するように「多くの立場から」(on many sides)繰り返した。

ホワイトハウスは、「多くの立場」という言葉の意味を「デモを行った集団とそれに抗議する集団の間で暴力があった」(There was violence between protesters and counter protesters)と説明した。

つまり、トランプもホワイトハウスも、白人至上主義者を名指しで批判することを避けたのだ。

黒人の抗議者にだけ批判をしたトランプ

これには、民主党だけでなく、トランプが属する共和党からも非難の声があがった。

また、製薬会社メルクのCEO(最高経営責任者)であるケン・フレージャーは、ツイッターで大統領製造業諮問委員会の委員を辞任することを発表した。

フレージャーはその理由をこう説明した。

「わが国を強くしているのは、ダイバーシティであり、多様な宗教、政治理念、人種、性的指向の人々の貢献だ。すべての人間が生まれつき平等だという理念が、アメリカの基盤となっている価値観だ。憎悪と偏見、そしてひとつの集団の優越性の表現は、その理念に反するものである。アメリカの指導者はそれらを明確に拒絶することで、わが国の基盤になっている価値観を尊重するべきだ」

それに対して、トランプは次のように大人げないツイッターでやり返した。

「メルク製薬のケン・フレージャーは、大統領製造業諮問委員会を辞任したから、これでぼったくりの薬の値段を下げる暇ができるだろう」

大統領の対応に抗議して諮問委員会を辞めたのはフレージャーだけではない。アンダーアーマーとインテルのCEOも辞任を発表した。

それなのに、トランプがしつこくツイッターで攻撃したのはフレージャーだ。違いは、フレージャーだけが黒人だというところだ。
白人至上主義者を名指しで非難しないくせに、黒人のフレージャーは即座に非難したトランプに対しての批判の声が、メディアやソーシャルメディアで高まった。

これらの批判に対して、ホワイトハウス内でも大統領を説得する動きがあったのだろう、事件から2日たって、ようやくトランプは、「クー・クラックス・クラン(KKK)、ネオ・ナチ、白人至上主義者」を名指しで非難した。
しかし、国の指導者として、この対応は遅すぎたし、真摯ではないことが明らかだ。

白人男性の右翼が集結した場所は

ところで、バージニア州シャーロッツビルでの集会とはどんなもので、集まったのはどんなグループなのだろうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選挙から見えてくるリアル・アメリカの最新レポート。

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dzd02664_2 坂の上の雲(欧米)を目指しても未来は無いってコト。脱欧入亜。 https://t.co/C9DXJPF5LL 約3年前 replyretweetfavorite

megaoo1wen_bot https://t.co/OPWvLg0NFF 約3年前 replyretweetfavorite

ebird0214 猪木がヨーロッパに行ったら、ヨーロッパ中の格闘家がヨーロッパに集結したという話を思い出した。【 約3年前 replyretweetfavorite

guriswest はいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス) 確かにー。沈黙のカウンター、難しい。ついつい中指たてたくなる。でも。オバマさんのマンデラツイートを思い出そう。 https://t.co/6nNHGZYhWY 約3年前 replyretweetfavorite