叶姉妹を理解する、その前に。

今回のテーマは叶姉妹です。間違いなく叶姉妹について書かれた原稿です。ただし、叶姉妹を読み解くにあたって、考えなければいけないことがあります。理解や共感が尊ばれる今の時代において、叶姉妹が存在する意義とは一体何でしょうか?

どれくらいの穴なら靴下を履き続けられるか

オマエにオレの何が分かるんだよ、とか、アナタにワタシの何が分かるって言うの、という口喧嘩は、今この瞬間も世界のそこかしこで勃発している。理解している・していないを巡る小競り合いが、そのうち大きな競り合いに膨らんで、ぶっ壊れ続けている。それにしても、人が人を完全に理解することなんて可能なのだろうかと、いつも思う。たとえば昨日の自分が考えていたことすら、今日の自分が完全に理解しているはずもないのだから、理解ってなんだよ、分かるってなんだよ、そんなのそもそも不可能なんじゃないのか、と頭を悩ませてしまう。

だからこそ人は、他人を理解するために、条件を並べたがる。出身地かもしれないし、好きな映画かもしれない。或いは、カレー味のウンコとウンコ味のカレーのどっちを食べるかといった「選択」をさせたり、靴下に空いた穴がどれくらいまでなら履き続けられるかという「程度」を問いかけたりする。その「選択」や「程度」が近しいと、ワタシとアナタは仲良くやっていけるかもしれない、と思ったりするのだが、1センチくらいの穴が空いていても履くよね、で同意していたのに、やがて一方が「この靴下、もう捨てたほうがよくない?」と言い始め、やっぱり小競り合いが生じ、いくつかの要素が重なって大競り合いに発展していく。人付き合いがぶっ壊れた後になぜぶっ壊れたのかを尋ねると、人は大抵「なんかムカついて」や「なんかもう許せなかった」と、「なんか」を使う。人間関係はこうして、「選択」や「程度」の曖昧なズレの蓄積によって豪快にぶっ壊れるのである。

「Twitterフォロワー○○万人!」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kassie_mt cakesは面白いなぁー…毎月購読料かかるけど、色んな連載読めるし、その価値はある。 約2年前 replyretweetfavorite

kareigohan42 おおおおおお(納得感はあるけどなんかコメントしづらい!!笑 約2年前 replyretweetfavorite

yihigashi 先日の中村佑介さんとの対談イベントですっかりファンになった。「私はみんなと一緒だよ」について、この記事もおもしろい。 約2年前 replyretweetfavorite

Neishan48 どう結び付けるのかと冷や冷やした……。  約2年前 replyretweetfavorite