​キャリア女子の魅力の高め方

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

「若さ」に負けない「外見力」の磨き方

 30歳前後以上の女性が恋愛力を高めようとする場合に、やはり「外見」はとても大切です。20代女子とも戦わなければいけないのですから、なかなか厳しい戦いであることは間違いありませんが、ポイントを間違えなければ、20代以上の魅力をアピールすることはもちろん可能です。

 最大のポイントは「20代前半の女性と同じ土俵で戦わないこと」で、要するに、ファッション、メイク、話し方などで「若づくり」をしても勝ち目はない、ということです。
 ではどうするか? それがこのPartのテーマです。外見的魅力そのものを「正しい方向」に磨き、それが若い女性に敵わない部分については別の部分で逆転する、という戦略を考えてみたいと思います。

 ただ、それを考える前にまず、そもそも「外見」というのは、出会いや恋愛の「きっかけ」として、どの程度を占めるファクターなのでしょうか。まずそこから考えてみます。

「人間の魅力は外見じゃないよ」
「最初は見た目で付き合うこともあるけど、最終的には中身でしょ」
「人は見た目じゃない!」

 と、力説する人はたくさんいます。けれどもそれは果たして科学的に「本当」なのでしょうか。男女の関係において一番重要なのは「外見」なのでしょうか。それとも「性格」なのでしょうか?

 これについては、さまざまな調査や実験があります。
 なかでも非常に有名なのは、1960年代、エレイン・H・ウォルスターという心理学者がミネソタ大学で行った実験です。
 「一度会った異性」にもう一度会いたいかどうかを調べ、さらに「会いたいと思った理由」「要素」を調査したものです。
 調査の結果わかったのは、「異性にもう一度会いたい」と思う最大の理由は男女ともに「外見的魅力」だったということです。相関係数は男性が0.36、女性が0.44。この係数が0.3以上だった場合、はっきりと「もう一度会いたい」と「外見的魅力」に相関関係があることを示しています。

 1990年代にマイケル・ルイスが行った追加実験でも、やはり「もう一度デートしたい」理由としてもっとも相関係数が高かったのは「外見」でした。この実験での相関係数は0.89。ほとんど全員が「もう一度会いたい理由」として「外見」を挙げているということです。

 「なんだ、結局外見なの」とちょっとガッカリしたでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pixiewired "「なんだ、結局外見なの」とちょっとガッカリしたでしょうか? しかし、ひとつ朗報があります。この実験で「外見」の次に「デートし..." https://t.co/MoQCVjaZm4 https://t.co/4sIvI1Wewe #drip_app 約3年前 replyretweetfavorite

tatsumi01_jp キャリア女子の魅力の高め方|DaiGo @Mentalist_DaiGo | 約3年前 replyretweetfavorite

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 約3年前 replyretweetfavorite