談春の『芝浜』は笑いと涙のラブストーリー

同じ『芝浜』は一つとしてない。
志ん生、文楽ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らがどのように演目を演じてきたのかを分析。落語の魅力と本質に迫る新刊『噺は生きている 名作落語進化論』(広瀬和生著)。
本書の刊行を記念し、cakesでは「第一章 芝浜」を特別公開します。
第7回は、立川流の大看板、立川談春の『芝浜』について。

談志の『芝浜』に近いのは

談志の『芝浜』は、談志の弟子たちに受け継がれた。

もっとも、談志の演り方をそのまま踏襲する弟子は少ない。立川流創設以降に入門した立川談春、立川志らく、立川談笑らは、枠組みは談志のスタイルを用いながらも、3年後の大晦日の展開がまるで異なる『芝浜』をつくり上げた。

談志一門の高弟で「寄席育ちの世代」に属する立川談四楼にしても、初期の談志の『芝浜』を土台にしながら三年後には女房のお腹に赤ちゃんがいる設定にするなど細部にアレンジを施し、落語らしい「いい話」としてのバランス感を保つ演り方になっている。

ちなみに立川志の輔は『芝浜』は演じていない。

今、談志に最も近い『芝浜』を聞かせるのは橘家文蔵だろう。

財布を拾う前夜のやりとりから描くところからサゲ直前の「ベロベロになっちゃえ」まで、談志の『芝浜』によく似ている。

もちろんそれは「型」としてであって、談志のように緊張感に満ちた演り方ではなく、台詞回しには文蔵の「豪快かつ繊細」な個性が存分に発揮され、ほのぼのとした「平凡な夫婦が幸せになる話」になっている。人のよい魚屋夫婦の「可愛さ」が際立っているのは文蔵自身のキャラによるところが大きい。

数年前まで橘家文左衛門として演じていた『芝浜』には「立川流の誰よりも談志に近い『芝浜』」という印象が強かったが、文蔵襲名が決まったころから「三年後の大晦日」の演じ方が以前よりグッと軽くなって、より自然体の「文蔵の『芝浜』」ができあがった。

ラブラブ夫婦の物語

立川談春の『芝浜』は、夫婦愛をテーマとする「笑いと涙のラブストーリー」。

通常の『芝浜』にはない軽妙なやりとりと談春特有の「泣き節」とが交差するラブラブ夫婦の物語は、談志の『芝浜』とは異なる感動を与えてくれる。

談春の描く勝公は「男はバカだ」の典型で、虚勢を張りながらも女房に甘えている。そして女房は、そんな勝公が大好きだ。

42両を拾ったのは夢で、飲んだり食ったりしたのは本当だと言われて狼狽する亭主を、女房は𠮟りつける。

「あんた、自分がどれだけ腕の立つ職人だか知ってるの!? みんな、あんたの魚を待ってるんだ! あんたが真面目に働けば、借金なんて返せるよ。あたしがやりくりするんだ、なんとかなる!」

これを聞いて勝公は、こう言い放つ。

「言ったな! 俺が言ったんじゃないぞ、お前が言ったんだからな! だったら働いてやらぁ。言っとくけど、ただ働くだけだぞ。借金のことなんか知らねぇ、借金はお前がなんとかしろ!」

その言葉どおり、勝は酒をやめて働き続ける。いくら稼いで、借金がいくら残っていて、といったことはいっさい関知しない亭主を支えて女房がやりくりし、いつの間にか借金は消え、店まで持つことができて、幸せに満ちた大晦日。湯屋から帰ってきた勝公が、ご隠居に「除夜の鐘が百八つ鳴るのは今年の四苦八苦をすべて流してしまうためだ」と教わった、と話す。

「ご隠居が言ったんだ。今年、お前は店を持ったし幸せだっただろうけど、それも全部忘れてまた来年、イチからがんばって働かなきゃだめだぞって。驚いちゃったよ。俺たちって、世間から幸せと思われてるんだな」
「幸せだよ。あたし、もう、どうしていいかわからないくらい幸せ」
「それはお前違うよ。今までがひどすぎたの。今が並なんだよ。来年の俺はやるよ! お前がびっくりして座りションベンして馬鹿になっちゃうような、そんな幸せを俺がお前に授けるぞ、覚悟しろ! うわっははははは」

女房が亭主に惚れてるワケ

それを聞いた女房、意を決して「見てもらいたいものと、聞いてもらいたい話があるの」と切り出す。この愛すべき亭主は、自分のついた噓を真に受けて働き続け、こんなに幸せになってなお「もっと幸せを届けてやる」と言ってくれた。

愛する亭主にそこまで言われてあまりに幸せで切なくて、打ち明けてしまうのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演目の進化から落語の〈本質〉に迫る、画期的落語評論!

この連載について

初回を読む
噺(はなし)は生きている 名作落語進化論

広瀬和生

同じ『芝浜』は一つとしてない。 志ん生、文楽ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らがどのように演目を演じてきたのかを分析。落語の魅力と本質に迫る落語評論本、『噺は生きている 名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jhanagata ふおぁ! なにこのイチャイチャっぷり! やっば、これ聞いてみたい!! 約1年前 replyretweetfavorite

Junko_Sasaki そうなんだよねえ 約1年前 replyretweetfavorite

jagu_244 芝浜聞きたいなぁ、、寺川くんがあれだけ良いって言ってたからきっと素晴らしいんやろなぁ。朝からほっこりした。 約1年前 replyretweetfavorite