それでも僕は、外科医をやめない

なぜあの人は「岩のように硬いメンタル」でいられるのか?

メンタルが強い人とは、物事に動じない、感情に流されない人と私たちは認識しますが、それがいかに難しいことであるか、生死を扱う医者であるからこそ、雨月氏は日々実感しています。しかし、今回、雨月氏はある出来事から、メンタルが強い人というのは私たちの思い込みではないだろうか、と疑義を呈します。

「父が他界しました。その節は本当にありがとうございました。感謝しております。」

先日のこと。

私のもとにある方からメッセージが届きました。その方とは友人というほど親しい間柄ではなく、3、4回会ったことがあるだけの知人。年齢は歳上で、大きな会社を経営したり色んなことを仕掛けたりしている方。その業界ではとても有名な方なのです。

なぜこんなメッセージが私に来たかというと、実は数年前、お父様のご病気のことで彼から相談をいただいたことがあったのです。彼はとてもお父様のことで思い悩んでおられました。お父様の病気は、残念ながら治らないものでした。当時若かった私はロクなアドバイスも出来ず、ただお話を伺うだけ。はっきり言って、お父様の闘病にとってなんの足しにもならなかったのではないかと思います。

それ以来、リアルの場(百人以上が集まる勉強会のようなことが殆どでした)で顔をお見かけしても、私は挨拶もせずコソコソ逃げていたのです。なんとなく、話し辛くて。彼は人気者ですから、いつも周りに人がたくさんいました。それを良いことに、話しかけることをしませんでした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nanndemoiijyan 受け流す力。 2年以上前 replyretweetfavorite

chiyio1011 以前相談した時の印象が強く残っていて忙しい中でも先生のお顔が浮かんだからではないかと… QT 2年以上前 replyretweetfavorite

tipi012011 岩メンタルかぁ。雨月先生はきっと沢山奥さんとお話されてストレス発散されているんだろうなぁ。 2年以上前 replyretweetfavorite

Dickey244 結婚した後の原稿の方が好きすね 2年以上前 replyretweetfavorite