男女の結婚式に対する意識のちがいは海よりも深く

百鳥ユウカさんが行きたかった"ある場所”とは……、ハウスウェディングの会場。思う存分、ヒロイン気分に浸れる空間は、ユウカさんの意識を異次元へと運んでいく。一方、池崎の結婚式への意識はちがうらしく、二人の想いはチグハグしていく。


ここは、女の好きなモノだけでできている。

南ヨーロッパ風のダミー煉瓦でできた建物。白亜の壁、高い天井、陽光を取り入れた窓、シャンデリア、庭には緑の芝生、青いプール、サマーベッド、フラワーガーデン。インスタ映えだけを考えたようなインテリアとオブジェは、女の心の中にあるときめきを沸々と呼び覚ます。やがて着飾った男女が集まって、口々に祝福の声をあげる。女たちは、その空間を歩くだけで、物語の主人公になったような気になる。そう、ここは結婚式場。なんの変哲のない女をヒロインに変える特別な魔法の場所なのだ。

いまでは珍しくなくなったが、若い人たちの間で人気のハウスウェディングは、それまでのホテルウェディングとかレストランウェディングとは違う、結婚式のためだけに用意された一軒家を使う。00年代から日本中に広がり始めて、都内にも地方都市にもいくつかある。

80年代頃にさまざまな地方を中心にあった、ラブホテルの延長のようなハリボテ感漂う結婚式場の建物とは本気度がちがう。

技術の進歩が魔法のレベルをあげ、結婚式という一生に一度、最大限の魔法をかけたいイベントの日向けの会場として、多くのカップルに利用されている。

皆さんも、SNSなどで、お洒落して南ヨーロッパ風の建物の中でシャンパン片手にはしゃいでいる写真をみたことがあるかもしれない。部外者からみたら、外国かなと思うけど「場所:豊洲」とかになっていて、不思議に思う投稿は、だいたいこういう施設での写真だ。

ちなみに結婚式が入っていない日のハウスウェディング会場は、撮影スタジオとしても使用されていて、非日常を演出する空間は、なかなか使い勝手が良いものらしい。(参考:ハウスウエディング

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

elba_isola |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 この連載をずっと読んでいるけどこの主人公のダサさと価値観に、絶対友達になれないなぁといつも思う。 https://t.co/P3WCscVBoC 約3年前 replyretweetfavorite

tjmlab 「人生って、だいたい思い通りにならない。学校だって、会社だって、自分が希望する場所にいける保証はない。」 https://t.co/3QSrYvGJhY 約3年前 replyretweetfavorite