やらない理由

料理は好きだが、料理してと言われるのは嫌

第21回は「料理」ジレンマ。いくら自分が好きなことでも、自分のタイミングで自由にできてこそいいわけで、人から「やってよ」と指図を受けた瞬間に嫌になることってありませんか? 「料理」もその代表といえるのではないでしょうか。今回もカレー沢薫氏の華麗なたとえとともに、健やかな心を保ちましょう。

趣味が趣味でなくなる瞬間

今回のテーマは「料理は好きだが、料理してと言われるのは嫌」だ。

自分の意志でやるのは良いが、人に言われると途端にやる気がなくなる。よくあることだ。趣味で、推しキャラの斜め45度バストアップの絵ならいくらでも描けるが、仕事の原稿になると途端に苦痛になるのに似ている。

苦痛の原因は推しキャラではなく自分のキャラを描かなければいけない点かもしれないが、世の中の同人戦士を見てほしい、自ら好き好んでそのキャラの本を作ろうとしているにも関わらず、みんな拷問を受けているのが如く「進捗ダメです」とつぶやいている。

これは一重に「締切り」という強制力があるからだ。つまり、締切りに間に合わせるために、二日酔いの朝だろうが義実家に半日滞在した後だろうが、全くそんな気分になれない時でも、推し×触手を描かなければいけないのである。

つまり「料理は好きだが、料理してと言われるのは嫌」も同じことで、自分の興が乗った時にするのは良いが、そうではない時にやれと言われて嫌々するのは嫌だ、ということだろう。

昔で言う「男の料理」の如く、身勝手な、ただの趣味ではないか、と思うかもしれないが、果たして、果たしてそう思うのは勝手なことなのだろうか。

料理とセックスの共通点
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumama282828 めちゃ腑に落ちた。2人暮らしには逃げ場がない。 3年弱前 replyretweetfavorite

asterixxx81 確かにこれはあるわなぁ。いくら好きなことでも、ねぇ。 約3年前 replyretweetfavorite

artacaminae セックスの例え素晴らしかった 約3年前 replyretweetfavorite

lana_lana_gala わかるwww https://t.co/dvHb3xbcSY 約3年前 replyretweetfavorite