市川紗椰とショーン・マクアードル川上

フジテレビ深夜のニュース番組『ユアタイム』が、9月いっぱいで終了することが発表されました。MCをつとめる予定だったショーンKが、番組開始直前に経歴詐称が発覚。急遽単独でMCをつとめることになったのが市川紗椰でした。今回の「ワダアキ考」は、視聴率で苦戦したものの1年半に渡って番組を支えた市川紗椰の存在と、ショーンKの不存在を考えます。

「ショーンKことショーン・マクアードル川上」

市川紗椰が司会を務めるニュース番組『ユアタイム』の視聴率がふるわず、この9月で終了するという。昨年4月からわずか1年半という短命に終わるわけだが、市川は「ショーンKと2人でやるはずだった番組」という奇特な前評判を、時間をかけて薄めて自分のものにしていく、という職務に最後まで取り組み続けた。その労苦は、視聴率とは別のベクトルで評価されるべきだろう。

番組終了を伝えるニュースを漁ってみると「当初はショーンKこと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(49)と市川のコンビがメインキャスターを務める予定だった」(『女性自身』)や、「当初は、経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(49)がメインキャスターで、市川はサポート役の予定だった」(『スポニチアネックス』)といった文言をいくつも確認できるのだが、番組が始まる前、つまり、経歴詐称問題が発覚するまで、ショーンKがショーン・マクアードル川上であることを把握していた人は皆無だったはず。

以前この連載でショーンKを取り上げた際、「前々からその存在を知ってはいたけれど、特に何の印象も持っていなかった人」のことを「ショーンK状態」と名付け、ショーンKって誰よりもショーンK状態だったよね、と元も子もないことを書いた。でも、いつの間にか、ショーンKは「ショーンKことショーン・マクアードル川上」という詳細説明を獲得している。少なくともメディアから放たれる基礎情報として、先のニュース記事のようにショーン・マクアードル川上が定着しているのだ。ショーンKは、その存在を消す過程で、ショーンK状態を脱したのである。これはなかなか特異な事態である。

表情をニュースに合わせすぎない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamasaaaki_f 見事な文章。『ユアタイム』終了は本当に残念。市川紗椰という人を地上波で毎日観られるなんて奇跡のようなことだった。 2年弱前 replyretweetfavorite

tohjiro どちらも、またラジオに帰って来て欲しい。 2年弱前 replyretweetfavorite

megamurara メディアの世界で仕事をしている人の頭の中は色々の事物がぐるぐるとしているのでしょうか。 https://t.co/9HBlSf79BR 2年弱前 replyretweetfavorite

restart20141201 サヨク思想にまみれた筆者。 報道系ではいちばん「真っ当」なユアタイムが、気に入らないようだ。 2年弱前 replyretweetfavorite