ニューヨークの売人が踏み絵を要求!?ドラッグ流入ルートを辿る

マリファナ大国・ジャマイカのスラム街から、次なる取材先はニューヨークのチャイナタウンへ。いまいちばん”トガってる”異色の旅番組『クレイジージャーニー』出演中の危険地帯ジャーナリスト、丸山ゴンザレスが満を持しておくる『世界の混沌を歩く ダークツーリスト』より、ドラッグの流入ルートを辿るルポをお届けします!

咥えマリファナでタバコを注意

 スラム街で力を握っているのはギャングである。ただその地域を牛耳るボスに面通しさえすれば、客人扱いを受け、安全にスラムを歩くことが可能だ。面通しがなくても歩くことはできる。ただし自己責任においてではあるが。

 歩いていると「ウィードあるぜ」「ガンジャどうだ?」「ここのマリファナは上物だぜ」とスラムの住人がなれなれしく声をかけてくる。

「取材で来てるんだ」

「それならサービスするから買っていってくれよ」

袋詰めされたマリファナ

 私が取材で来ていると伝えても、警戒されるどころか、むしろ熱心にセールスを仕掛けてくる始末。商売熱心といえばそうなのだが、ドラッグを扱っているという自覚がほぼないのだろう。

 さらに、スマホを持っている連中からは記念写真の撮影を持ちかけられるという歓迎ぶり。

「日本人と写真を撮るのは初めてだ」

「俺の子供を連れてくるから待っててくれよ」

 何人かは咥えマリファナだった。

 ボスの影響があるとはいえ、ジャマイカのスラム住人たちの気さくな一面を垣間見ることができた。ここまで気さくならば、多少踏み込んだ質問をしてもいいだろう。

「ワンパケ(1袋)いくら?」

「必要な分だけ包むよ」

「1ドル分でも?」

「もちろんだ」

「とりあえず、ちょっと見せてくれない」

「かまわないが」

 手渡されたパケは500ジャマイカドル(日本円で約400円)だった。内容量からして、ジョイントが5〜6本は巻けるだろう。先端に火をつけてタバコのように吸引する。街なかでも、見た目はタバコだが、実はマリファナを吸っているという人が多かったりするほど、ジャマイカはマリファナ天国なのだ。

 現在のところマリファナの個人使用については罰金刑のみで、実質的に野放し状態となっている。その一方で人々はなぜかタバコについては厳しい立場をとる。

 スラムではない場所だったが、私がタバコに火をつけて吸っていたときのことだ。

「ちょっと煙いぞ」

「すいません」

 ジャマイカ人にたしなめられることもしばしば。中にはマリファナを咥えながら言ってくるヤツもいる。彼らの感覚では、タバコよりもマリファナのほうがよほど身体にいいという認識なのだ。正直、納得いかないが、これがジャマイカなのだと思って飲み込むことにした。

「ジャマイカ人はドラッグはやらない」

 取材をしていると、ときどき耳にした。ここでいうドラッグとは、マリファナ以外のハード・ドラッグのことである。ヘロインやLSD、クリスタルメスといったケミカルのハード・ドラッグをやるヤツは嫌われて、村八分にされてしまうのだという。

 この国では、コミュニティを追い出される2種類の人間がいるという。それは、ケミカルをやるヤツと母親に手を上げるヤツだ。ヤク中と親不孝者はダメということなのだが、どうもこんがらがってくる。

 独特のルールで動くジャマイカ。彼らの行動は、私に新鮮な驚きを与えてくれた。その一方で、コミュニティによって支えられているという濃密な人間関係の一端を垣間見ることができた。それは、この国に生まれて生きる人々にとっては欠かすことのできない関係性であると同時に、彼らを縛るものでもあるのだろう。

 ギャングの抗争が絶えず、マリファナが生活の一部となっている危険地帯。刹那的だが、幸せそうに過ごす人々の表情が印象的だった。

チャイナタウンの売人に接触

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

丸山ゴンザレスによる世界の見方を変える旅行記が発売中!

この連載について

初回を読む
世界の”ヤバい”場所に行ってみた

丸山ゴンザレス

世界中の「ヤバい場所」を巡る、いまいちばん“トガってる”旅番組『クレイジージャーニー』の丸山ゴンザレスが、世界の見方を変える旅にお連れします!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2ヶ月前 replyretweetfavorite

marugon 現在発売中の『 の本文「ジャマイカ マリファナ紀行編」のラストから「アメリカ ドラッグディーラー編」の第一弾がケイクスで試し読みできます。 https://t.co/e05kaosjB7 2ヶ月前 replyretweetfavorite