白ワインは1種類だけ覚えておけば、世の中を渡っていける

「正義は安さにあり」がモットーのワインライター葉山考太郎さんに、ワインの味からレストランや家で飲むときの秘訣を教えてもらう本連載。第3回目は、白ワインについてのお話です。前回の赤ワイン編では、「カベルネ・ソーヴィニヨン(略してカベソー)」「メルロー」「ピノ・ノワール」の3つだけを覚えれば十分でしたが、白は、1種類だけで世の中を渡っていけます。記事末コラムでは葉山さんおすすめの安旨い白ワインをご紹介!

前回、私の独断で世界のワインを無理やり、以下の5つに分類し、(1)と(2)を取り上げた。

(1)ボルドー系の渋くてどっしりした赤ワイン

(2)ブルゴーニュ系の酸味がありエレガントな赤ワイン

(3)辛口の白ワイン

(4)超甘口のデザート・ワイン

(5)シャンパーニュを頂点とするスパークリング・ワイン

今回からは、白ワインを取り上げる。白ワインは、(3)(4)(5)の3種類あるが、これ以外にも「半甘口の白ワイン」というものもある。この回では、圧倒的に人気のある(3)「辛口の白ワイン」を中心にたっぷり解説するが、その前に、半甘口の白ワインについても少し触れておこう。

ワイン愛好家は、半甘口の白ワインを「コーラみたいに甘い飲み物で飯が食えるか」と馬鹿にする傾向にある(一方、(4)極甘口のデザート・ワインは、なかなか出会えないので珍重する)。これは中途半端なワイン通。中華料理、和食、タイ料理は、砂糖をたっぷり使う料理なので、ガチガチの辛口ワインは料理とケンカして合わない。こんな料理には、半甘口の白が絶妙。例えば、すき焼きとカチカチに冷やしたドイツの半甘口白は、素晴らしい相性。癖になるはずだ。

料理と相性のいいワインを臨機応変に飲んでほしい。では、ここからは辛口の白ワインについて解説していこう。

辛口の白ワインは、シャルドネが一人勝ち

赤ワイン・ブドウは3つだったが、白は非常に単純だ。白ワインの品種も千以上あり、ソムリエなら数百は覚えているが、ワイン好きの人気投票ではシャルドネが圧倒的に「一人勝ち」。伝説の名馬、「ディープインパクト」が、2位以下を50馬身差で有馬記念を制覇する感じだ(例えが古い)。

シャルドネが超人気の理由はいろいろある。まず、辛口で旨味があるので食事に合う。特に、魚介類との相性は抜群だ。繊細な季節の食材を取り入れた和食とよく合う。また、白ブドウの中で、高貴種と呼ばれる葡萄がいくつかあり、その中のトップがシャルドネだ。

例えば、日本固有のブドウ品種、「甲州」は、貧乏長屋に住むしっかり者の長女的だが、シャルドネは、宮殿での晩餐会で茹でたアスパラガスが出ると、穂先の3cmだけ食って、「残りは筋っぽいから嫌だわ」と言いそうな我がままで生意気な北欧の王女様みたいなもの。

ここがワイン好きにはたまらない。シャルドネは、いわゆる「国際品種」で、世界中で作っているし、作りたがる(もちろん、日本でも)。白ワインの中で最も高価であり、1本80万円の超高級ワインから、1,000円の並級までいろいろなワインができるのも大人気の秘密だ。

シャルドネは、どんなレストランやワイン・ショップへ行っても必ず置いてある。置いてない店は、女性がいないガールズ・バーより少ない。ワイン・リストに載っているシャルドネは、ピンからキリまで、いろんな国の物がある。まずは、一番安い価格帯のものから試してみよう。価格が3倍になったからといって、美味さが3倍になる訳ではない。高価なワインは凝縮度が高くなり、濃厚になるだけ。あまり濃いと、繊細な季節感を出している和食は、シャルドネに四の字固めを食らってしまう。自分の好き嫌いを見つけるためにも、まずは低価格帯のシャルドネを1、2ヶ月飲んでみて、自分の中に軸を作るといい。

国ごとに異なるシャルドネの味わい

シャルドネは高く売れるので、世界中で作っている。作る場所によって味わいや香りが大きく変わってくるので、その点も楽しんでほしい。

(1)フランス
シャルドネの本場がフランス。特に、ブルゴーニュの白は銀河系で最も高級高価なシャルドネと言われている。贅肉を削ぎ落とした凝縮感が素晴らしい。大理石から削り出したギリシャの女神像みたいに、引き締まって品があるけれど、値段もものすごく高価なのがつらい。

(2)カリフォルニア
フランスのシャルドネが華麗なシェークスピア女優としたら、カリフォルニアのシャルドネは、美形のプロレスラー。力強さがあり、これが大好きな人もいるし、「やっぱ、シャルドネに必要なのは『官能』と『知性』で、『筋肉』はいらない」という人もいる。

(3)チリ
今や日本のワイン輸入量でフランスを越えたチリ。ワイン王国だ。チリのシャルドネのいいところは、安いこと。「正義は安さにあり」がモットーの私には、力強い味方だ。これだけの価格なのに、非常によくできている。毎日飲むにはこれだ。フランス物に比べると、マリリン・モンローみたいにグラマラス。この肉付きのよさが大好きな人は多い。

シャルドネには絶対に欠かせない「樽香」

ワイン通がよく使う言葉に「樽香たるこう」「新樽率」がある。高級な日本酒をひのきの樽に入れて木の香りをつけるように、高級なシャルドネには、何が何でもオーク(字面はかしだけど、実際はなら)の樽香をつける。美女がデートに行くとき、スッピンではなく、きちんとルージュを引き、アイラインを入れるのと同じだ。あるいは、刺身に山葵をつけるようなものかも。ワインに樽の香りって美味しいの?と思う人もいるかもしれないが、樽が入ると、バニラ・アイスクリームやナッツ、バタートーストのような香りが加わるのだ。

他の白ワインでは樽を話題にしないけれど、シャルドネだけは、必ず樽の話になる。話題は超マニアックで、樽材の産地、樽の大きさ(小さいほど、樽香がつく)、樽の内側の焦がし加減(焦がすほど、香ばしくなる)など、愛好家は「樽」と1回言うごとに、ご飯を1膳食えるほど。樽香(別名、バニラ香で、バニラ・アイスクリームのような香り)は、シャルドネとものすごくいい相性。新品の樽(いわゆる新樽)ほど、バニラの香りがシャルドネにたっぷり乗り移る。

で、「新樽率100%のシャルドネ」は、化粧を1cmも厚塗りしたイケイケ風のオネエサンみたいに下品になるが、私を含め、これが好きな人が少なくない。要は、好き嫌いの世界。濃厚なシャルドネに新樽の香りをつけると、シャロン・ストーンが舞台化粧をしたような迫力があるけれど、力のないシャルドネに樽をかけると、白ペンキで顔を塗り固めたオバアサンになるので注意(ワイン界では、そんな白ワインを「フランケンシュタイン・ワイン」と呼ぶ)。山葵を山盛りにしたマグロの赤身みたいだけれど、それが好きな人もいるので面白い。

ラベルに、「樽」とか「Barrel」とあれば、多い少ないの差はあっても、樽に入れている(専門用語で、「樽をかける」)。そんな時は、ここの話を思い出してほしい。なお、樽の割合で、「新樽率30%」とは、新樽で3樽、2年以上の樽に仕込んだ7樽をブレンドすること。

シャルドネ以外の白を飲んでみたくなったら
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワイン恐怖症のためのワイン入門

葉山考太郎

「ワインに興味があるけれど、難しそう」と、ワインに恐怖心を抱いている人は多いのではないでしょうか。そんな人に向けて、「正義は安さにあり」がモットーのワインライター葉山考太郎さんに、ワインの味からレストランや家で飲むときの秘訣を教えてい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kuma_kuma これを読んで、『ワイナリーの四季』をやろう! ワイン飲みながらプレイしたら最高だけど ボドゲは水分に弱いので、飲み過ぎによる粗相には絶対注意! https://t.co/u4rhztUu68 2年弱前 replyretweetfavorite

tomshirai 私も白はシャルドネ一択。 2年弱前 replyretweetfavorite

suerene1 https://t.co/VaelH3XzjD 2年弱前 replyretweetfavorite

nesssea シャルドネのイメージまさにこんな感じ。化粧でいくらでも盛れるし訳わかんなくさせるあいつはおそろしい。甲州は素直でおいしいよ!! 2年弱前 replyretweetfavorite