誰かの為に生きたいと思うことは、誰かに依存しているということ?

池崎のために甲斐甲斐しく、炊事洗濯をする百鳥ユウカさん。年齢の差か、性別の差か、結婚に対する意識のズレを池崎に感じ始めたユウカさんは……。

その日、池崎は珍しく残業しないで家に帰ってきていた。

ユウカは現在、職業訓練校で本格的に経理の勉強をしていて、学校が終わると夕方の6時に帰って、池崎のために夕飯の準備をして待っているのが常だった。でも、こうして池崎が早く帰ってくると、まだ夕飯の準備が間に合わなくてユウカは台所でせわしなく動いていた。

池崎は自分も手伝うといってくれたけど、まだ収入もない自分が料理くらい作るのは当然だと言って断った。こうして好きな人のために料理を作る時間は、ハリがあって心地が良いとユウカは思っていた。

丸の内で働いていたときも、北新地で働いていたときも、ユウカは仕事をするのが好きだった。どちらの仕事もやることは違ったけど、何かのために自分の身を粉にして働くというのは、共通して心の安寧を自分にもたらしてくれる。

「自分の好きなことをして生きていきたい」なんて人はいうけど、たぶん、この世で自分の為に働くことほどつまらないことはないように思う。誰かの為、何かの為、好きな人の為、働くことが面白いと感じるように人間にはもともとプログラミングされているように感じる。だから、親は必死で子どもを守るし、恋人のためにご飯を作ることが喜びになるのだ。

この日の食卓には、アボカドたっぷりコブサラダと豚肉と小松菜の炒め物、トマトとオクラの和え物、そして五穀米のご飯となめこの味噌汁を並べた。とっさに15分で作ったわりにはバランスも取れてて上出来だ。

最近、池崎は出張や外出が多かったから外食には出せない手作りの味を食べさせたかったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miettal NowBrowsing: 約3年前 replyretweetfavorite

mousou_blogger 考えるだけ頭が混乱する話題。「あなたがいて私がいる」でよくないすかね?結局ひとりでは生きていけないし!自分の思うように生きる。 #依存 #人の為 #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite

Woo_Joe715 週一のわたすの楽しみ… 約3年前 replyretweetfavorite