手荒れがひどい女子。
ーそれだけで好きになりそうー

【第15回】 女子たちに告げたい。とくに手荒れで悩んでいる女子たちに。もし、その手がコンプレックスで、すべすべにしたいと願っているなら、ちょっと待ってほしい。少なくともケアをするのは、このエッセイを読んでからにしてほしい。だって、この世界にすくなくとも1人、その手を待っている男子がいますから。


手荒れがひどい女子に、ひどく惹かれてしまうのはぼくだけだろうか。

もともと、しわしわした手指を見かけると目が離せなくなってしまうのだけれど、特に、手荒れはいい。手荒れはほんとうに搔き立てられる。彼女はなぜ、こんなにも手荒れしているのに洗い物をしなくちゃいけないのか。彼女はなぜ、こんなにも手荒れしているのに今日も誰かに会わなくてはいけないのか。華奢(きゃしゃ)な手指に手荒れが降りかかると、途端に、どうしたって不幸なかんじが増してきて、同情を誘う。

手荒れは憎いやつだとおもう。手荒れってだけで、もう好きになりそう。ニベアなんてあげない、アベンヌもあげない、ヴァセリンもあげない。アロエエキス? あげるわけない。治ってしまうと、また手荒れになるまで、待たなくてはいけなくなるでしょう。手荒れでささくれて硬くなった皮膚を、ゆっくり撫でたい。そしてあなたの代わりに洗い物をしたい。この洗剤のせいで手荒れしたんだー、なんて、おもい馳せながら。あなたの手を荒らした洗剤をぼくの手指におもいっきりぶっかけたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

又吉直樹さん絶賛!!

おんなのこはもりのなか

藤田貴大
マガジンハウス
2017-04-13

この連載について

初回を読む
おんなのこはもりのなか

藤田貴大

演劇界のみならず、さまざまなカルチャーシーンで注目を集める演劇作家・藤田貴大が、“おんなのこ”を追いかけて、悶々とする20代までの日常をお蔵出し!「これ、(書いて)大丈夫なんですか?」という女子がいる一方で、「透きとおった変態性と切な...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruyu4896 内容読んでないけどタイトル<br>出てるのが気になった 1年以上前 replyretweetfavorite

tjmlab 「あの子には、いま。洗い物を代わってあげる男子がいるのかなあ。手荒れを心配してくれる、男子が。心配だ。」 https://t.co/rEDM4A3oeH 1年以上前 replyretweetfavorite

consaba 藤田貴大「もともと、しわしわした手指を見かけると目が離せなくなってしまうのだけれど、特に、 1年以上前 replyretweetfavorite

boccinea この気持ち悪い変態性嫌いじゃない。 1年以上前 replyretweetfavorite