第15回】「頑張る子会社」の実像 現場の意識改革で活性化

資本的に親会社から支配される宿命を背負うにせよ、“お上”の言いなりでは、働きがいのある子会社にはなり得ない。ここでは、子会社の活性化に向けた、現場の実例を紹介しよう。

 「アチコーコー」。沖縄の方言で「熱々」を指すプロジェクトが今、ANAホールディングス傘下のANA沖縄空港で進行中だ。

 一般的に子会社採用のプロパー社員は、親会社からの出向者にものを言いづらく、指示内容にそのまま従いがちな面もある。そんな不文律を打ち破ろうとする試みが現場社員の士気を変え始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
誰も触れなかった絶対格差 子会社「族」のリアル

週刊ダイヤモンド

「現代の身分差別」。識者がそう言い切る人たちがいる。大企業の子会社で働く人たち、「子会社族」のことだ。“親”の顔色をうかがいつつも、内心では待遇の悪さに猛烈な不満も抱く。それでも、これまで非正規労働者のようにスポットライトが当たること...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません