第14回】子会社を適正数に保つのも親会社としての重要な責務

グループガバナンスを強化したいなら、子会社を管理可能な適正数に保つことも重要だ。三菱ケミカルホールディングスの取り組みから、子会社整理の考え方について学ぶ。

 「年に100人も社長を出せるか?」。今から約10年前、大手化学メーカーである三菱ケミカルホールディングス(HD)傘下の三菱化学では、経営トップが子会社(関連会社を含む)のガバナンスについて頭をひねっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
誰も触れなかった絶対格差 子会社「族」のリアル

週刊ダイヤモンド

「現代の身分差別」。識者がそう言い切る人たちがいる。大企業の子会社で働く人たち、「子会社族」のことだ。“親”の顔色をうかがいつつも、内心では待遇の悪さに猛烈な不満も抱く。それでも、これまで非正規労働者のようにスポットライトが当たること...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません