第13回】各社の存在意義の明確化が子会社問題の解決の近道

今、親会社には、子会社ガバナンスに頭を抱える経営企画の担当者が多いという。そもそも、企業はなぜ子会社を持つのか。子会社との間に起こる問題は、どうしたら解決するのか。

 「狙って今の子会社群を構成したわけじゃなくて、過去数十年の戦略の積み上げで、たまたまこういう子会社群になっている」。ある通信会社の幹部は、数百社に上る自社の子会社(関連会社を含む)についてこう語る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
誰も触れなかった絶対格差 子会社「族」のリアル

週刊ダイヤモンド

「現代の身分差別」。識者がそう言い切る人たちがいる。大企業の子会社で働く人たち、「子会社族」のことだ。“親”の顔色をうかがいつつも、内心では待遇の悪さに猛烈な不満も抱く。それでも、これまで非正規労働者のようにスポットライトが当たること...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません