東京の夫婦

結婚と体重。[第三十一回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第三十一回は結婚した多くの男性に訪れる、あの変化について。イラストは近藤ようこさんです。


 我が妻は、「松尾さんと結婚してからラーメンを食べる量が10倍になり、酒を飲む日は30倍になった」と言う。

 「ラーメンは、松尾さんと付き合う前は、年に3杯くらいしか食べなかったけど、付き合い始めて月に1杯、結婚してからは、インスタントラーメンも含めて月に10杯くらい食べてる。お酒は、月に1回くらい付き合いで飲む程度だったけど、松尾さんの晩酌に付き合うようになったら毎日になったから単純計算で30倍」
 そうかあ…。と、僕は頭を抱えてしまう。

 普通の人は、年に3杯しかラーメンを食べないのか。楽しい食べ物なのになあ。そしてまた、晩御飯のときにお酒を飲まないんだ、ふううん、僕は、酒を飲まないとどうにも一日が終わった気がしないのだ。なので、人間ドックの前の日は、酒を飲めないというだけで非常にナーバスになる。医者に週に2回は休肝日を作った方がいいと思いますよ、と言われるが、これだけ酒を飲んでも肝臓の数値は異常なし、尿酸値だっていたって正常なんだから、だったらそんな堅いこと言わなくてもいいじゃないのという気になる。

 しかし、さすがにそう呑気でいられないなと思うのは、最近あきらかに太ってきたぞという、見た目の変化だ。このあいだNHKの『みをつくし料理帖』という時代劇で久々にちょん髷をつけたのだが、江戸時代の町人の役なので、髯を剃ると、喉の辺りがやけにブヨブヨしているのに気づいた。今まで髯でごまけていた部分が露わになり、やけになまっちろいタヌキ面に見え、自分に腹が立った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha いい加減にしろと言いたくなる内容だった。いい歳して自分で立てよ、と。年代見て納得はしたが。 8ヶ月前 replyretweetfavorite