東京の夫婦

あなたの前世。[第二十四回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第二十四回はスピリチュアルな世界について。イラストは近藤ようこさんです。


 オカルト、というものを信じたことは一度もない。
 子供の頃、よくテレビで怪談特集のようなことをやっていたが、おもしろく観こそすれ、本気で怖いと思ったことはない。死後の世界も信じてないから、ほとんど信仰心もない。ホラー映画は今でも大好きだが、怖いというより笑うために観ているフシがある。実際、幽霊より、隣に住んでいたアルコール依存症の大工の方がよっぽど怖かった。うちにお呼ばれして酔っぱらっては、自分の家と鍵の向きが違うため我が家のトイレに勝手に閉じ込められ、

「誰や! 外から鍵かけとるやろ! 出さんか! こら」
 と、大暴れするのだ。

 大工といっても、屋根から転がり落ちて、ずっと生活保護を受けている人で、働いているところなぞ、ついぞ見たことはなかった。だからってことはないが、人はいいけどバカだった。うちの近所にはなぜか屋根から転がり落ちる大工が多かった。そういう意味では、負のパワースポットだったと言えなくもない。

 昔、かなり精神世界に傾倒した女性と暮らしていた。彼女は、
「昨日、道であきらかな魔女と会ったからお茶して来たの」
 というような人であり、別れた後彼女は、神様のために太鼓を叩く仕事をするようになった人でもある。うん、よくわからない。

 一度、集会というものに連れて行かれたことがある。
 500人ほどのキャパのホールで宇宙人とチャネリングする外人を見る集会だ。どこから来た宇宙人かは忘れたが、その当時、エジプトのピラミッドの上空に停まっているUFOに乗った宇宙人が、その外人に憑依して、いろんな預言をするということだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yu_llri 笑った。憂鬱な週始め、悪天候による頭痛が去ったw自分もUMA的なものや占いやら信じないというかどうでもいいので又しても共感である。→ 10ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "一度、集会というものに連れて行かれたことがある。 500人ほどのキャパのホールで宇宙人とチャネリングする外人を見る集会だ。ど..." https://t.co/bmQ2lLrpUj https://t.co/n0Owt1mMdB #drip_app 10ヶ月前 replyretweetfavorite