東京の夫婦

オリンピックがわからない。[第二十三回]

「大人計画」を主宰し、作家、俳優として活躍する松尾スズキさん。2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾氏がその結婚生活を綴ったエッセイ「東京の夫婦」の連載がスタート。第二十三回は「オリンピック」。イラストは近藤ようこさんです。


 ついこの間まで芝居の大阪公演をやっていた。
 若い頃は、大阪にいる間、吉本新喜劇を観に行ったり、有名人が通うというお好み焼きを食べに行ったり、まめに遊んでいたものだが、歳をとるとダメだ。しかも、外に出ると38度。もはや灼熱でできたプールで溺れている気分だ。たまらないので、大人しくホテルの部屋でテレビでも観ていようと思うのだが、どのチャンネルをひねっても、オリンピックと高校野球の話。

 正直に言うが、とにかくスポーツに興味がない。
 興味がないから、ルールが覚えられない
 ルールがわからないから、テレビの中の選手がなにをやっているかわからない。

 共演者の寺島しのぶさんは、オリンピックを観んがために2時間しか寝てないなんて話を楽屋でする。えー、信じられないと返す僕に、こっちこそ信じられないと返し返す。
「だって4年に1度のお祭りですよ! いいじゃありませんか、盛り上がっても。内村航平くんなんかすごい頑張ってるじゃないの!」

 それだ。オリンピックに夢中になっている人すべてのその論理ですよ。
 いやいや、だって、僕だって、頑張ってるじゃないですか! 頑張っておもしろい芝居作ってるじゃありませんか。でも、誰も徹夜するほど夢中になってくれませんし、国費で海外に連れてってくれたりしませんよ。もっといえば、日本人全員が、おのおのの持ち場で頑張って生きてますよ! だけど、赤の他人は夢中になってくれるどころか知りもしませんよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

松尾スズキが綴る、東京の夫婦の軌跡

東京の夫婦

松尾スズキ
マガジンハウス
2017-08-10

この連載について

初回を読む
東京の夫婦

松尾スズキ

東京で家族を失った男に、東京でまた家族ができた。夫は、作家で演出家で俳優の51歳。妻は、31歳の箱入り娘。 ときどきシビアで、ときどきファンタジーで。 2014年に「普通自動車免許を持った一般の女性」と再婚した松尾スズキさんがその結婚...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akiko_yksm まどマギのくだり、妙に納得した。 約3年前 replyretweetfavorite

yu_llri 同感wそして奥様も!めちゃくちゃ共感➡ 約3年前 replyretweetfavorite

minmin8 「正直に言うが、とにかくスポーツに興味がない。興味がないから、ルールが覚えられない。ルールがわからないから、テレビの中の選手がなにをやっているかわからない」うわ、松尾スズキさん、私かと。 約3年前 replyretweetfavorite

bear_yoshi 「4年に1度だけなら、ものすごく頑張っている「なか卯」の店長や「いきなり!ステーキ」の肉を焼いている人に国民が夢中になる機会があってもいいじゃないか?」 約3年前 replyretweetfavorite